プレスリリース(旧ソフトバンクBB) 2003年

ブロードバンド総合サービス『Yahoo! BB』の進捗状況(2003年9月末現在)及びIP電話サービス『BBフォン』の利用者数の300万人*突破について

2003年10月7日

当社は、全額出資子会社ソフトバンクBB株式会社(東京都中央区、代表者:孫 正義、以下ソフトバンクBB)がヤフー株式会社(東京都港区、代表者:井上 雅博、コード:4689)と共同で提供しているブロードバンド総合サービス「Yahoo! BB」の進捗状況を下記の通りお知らせいたします。

2003年9月末 対前月比増加数
Yahoo! BB 接続回線数 324.8万 15.5万
BBフォン利用者数*1 298.9万 16.1万
接続可能局舎数 2,330 142
  • *1BBフォン利用者数は、Yahoo! BB/BBフォンのサービスでBBフォンの登録が完了されている利用者数です

また、IP電話サービス「BBフォン」の利用者数が、10月3日の速報値で300万人を突破したことをご報告いたします。

「BBフォン」はソフトバンクBBが構築したYahoo! BBのネットワークを利用したIP電話サービスです。2002年4月25日に商用サービスを開始し、サービス開始から約7ヶ月後の同年11月末には利用者数100万人を、サービス開始から約1年後の2003年4月には利用者数200万人を突破、そして、その約6ヵ月後には利用者数300万人を突破しました。「BBフォン」の加入者同士は通話料0円、国内の固定電話への通話は市内外問わず3分7.5円、米国本土への通話も1分2.5円という格安の通話料に加え、ご利用にあたっての難しい設定の必要が無く、電話番号も現在ご利用の固定電話の番号をそのまま使える点など、その利便性の高さにおいてもご好評をいただき、「BBフォン」は異例の速さで一般に普及しました。そして「BBフォン」は現在、国内において最も利用者の多い、シェアNo.1のIP電話サービスとなっております。

私共、ソフトバンク・グループは、革新的なブロードバンド通信インフラやサービスを通じ、人々により豊かなコミュニケーション手段を提供することによって社会に貢献していきたいと考えております。

  • 「BBフォン」では、110番、119番などの特殊番号への発信の場合、自動的に固定電話の回線に迂回することにより、通常の固定電話と同じように通話することが出来ます。
  • 「BBフォン」では、Yahoo! BBのIPネットワークを通じて通話することにより、固定電話への通話をはじめとし、格安の通話を実現しております。
    固定電話から「BBフォン」に発信する場合は、NTT東西の固定電話網を利用した通話となります。

以上

  • ソフトバンク株式会社発表のプレスリリースのため、本文中での「当社」は、ソフトバンク株式会社を指しています。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。