プレスリリース(旧ソフトバンクBB) 2003年

ソフトバンクBBとマイクロソフト
法人向けブロードバンド回線とExchange Server 2003を組み合わせた
オールインワン パッケージ "Exchange BB(エクスチェンジビービー)" を発表
~ メッセージング ソリューションの迅速かつ簡単な社内構築を可能にするオールインワン パッケージを、来年1月より提供開始 ~

2003年12月1日

ソフトバンク BB 株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役: 孫 正義、以下、ソフトバンク BB)とマイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役 社長:マイケルローディング、以下マイクロソフト)は、ソフトバンクBBの法人向けブロードバンドアクセスサービスと、Microsoft(R) Exchange Server 2003(以下、Exchange Server 2003)をパッケージ化したオールインワンパッケージ "Exchange BB" を発表します。

Exchange BB の概要

Exchange BBとは、様々なブロードバンドサービスを提供するソフトバンクBBが、独自に構築した強靭なバックボーンを活用した法人向けブロードバンドアクセスサービスと、マイクロソフト ソフトウェア製品 (Exchange Server 2003、Microsoft Outlook(R) 2003(以下、Outlook 2003)、Microsoft Windows ServerTM 2003(以下、Windows Server 2003)) 、サーバーハードウェア、ブロードバンドルーター及び導入支援ウィザードをオールインワンパッケージとして、ユーザーに提供するものです。
「Exchange BB」では、ネットワーク機器やサーバソフトウェアに関する知識、経験が無い方でも容易に導入ができるように、導入支援ツール「Exchange BB 簡単接続ウィザード」を提供します。ソフトバンクBBのWebサイト(URL:http://www.softbankbb.co.jp)から同ツールをダウンロードしていただくことで、ルーター、ソフトウェアの複雑な設定無しに、Exchange Server 2003、Outlook 2003 によるメッセージングソリューションをすぐに社内に構築し、利用を開始できます。
本パッケージは、2004年1月よりソフトバンクBBの販売代理店を通じて、基本構成 63万1000円より購入できます。

本パッケージ導入のユーザーメリット

  • お客様は、回線、ハードウェア、ソフトウェア、接続ウィザードをソフトバンクBBから、一括して購入できます。
  • サーバー ソフトウェア、ネットワーク機器に関する知識、経験がない方でも、パッケージが手元に届きしだい、導入支援ウィザードを用いて簡単にシステムを社内に構築し、迅速にサービスを開始できます。
  • 高速かつ高品質なブロードバンド環境を構築することが可能です。
  • ソフトバンクBBが提供するブロードバンドを活用した様々なネットワークサービスや、マイクロソフトの IT 基盤ソリューションである Active Directory(R) を中心としたマイクロソフトの様々なソリューションを追加でご利用いただくことができます。

システムの拡張性、付加価値サービスについて

本パッケージの導入により、お客様はメッセージングシステムを展開するにとどまらず、ソフトバンクBBの高速、高品質な回線を利用した様々な企業向けネットワークソリューションサービスを追加でご利用いただくことが可能です。本パッケージのオプションサービスは、以下の通りです。

  • IP 電話ソリューション (法人向け BB フォン)
  • PC 会議ソリューション
  • セキュア リモートアクセス サービス (B-R@S)
  • ネットワーク セキュリティ サービス (B-Security)
    • 不正アクセス監視システム (Intrusion Detection System)
    • コンテンツ フィルタリング

また、マイクロソフトの IT 基盤ソリューションである Active Directory を中心とした拡張ソリューションを展開していくことが可能となります。

  • アンチウイルス / スパム ソリューション
  • ファイアウォール ソリューション (Internet Security & Acceleration Server)
  • ユニファイド メッセージング ソリューション (FAX, ボイスメール ソリューション)
  • グループコラボレーション ソリューション (GroupBoard ワーク スペース)
  • セキュア無線 LAN ソリューション(IEEE 802.1x)
  • 情報漏洩防止ソリューション(Rights Management Services)
  • 社内ポータル ソリューション (SharePoint Portal Serer)
  • リアルタイム コミュニケーション (Live Communications Server)
  • セキュリティパッチ マネジメント (SMS) 等

その他、種々の展開が可能であり、本パッケージはお客様の投資を将来にわたって保護する拡張性の高いソリューションです。

本パッケージ提供における両社の役割について

Exchange BB の提供にあたり、ソフトバンクBBは、本パッケージの提供、販売を担当し、マイクロソフトは、技術検証、ウィザード提供、トレーニング提供等の技術支援およびマーケティング支援を行います。

ソフトバンクBBについて

「Yahoo! BB」を中核としたブロードバンドにおけるインフラや各種サービスの提供、及び技術開発から営業、販売、サポートまでを一貫して行なう。IT関連の流通事業とサービスを提供し、ブロードバンドやイーコマースの関連事業会社を統括、管理する。
ソフトバンクBBでは、法人向けにブロードバンド・インフラを提供するにあたり、24時間365日対応の障害受付対応センターを設置するなど、お客様の信頼に応える安定したサービスを提供し、あらゆる企業のビジネスを支える強力なサービスを提供しています。今後ともネットワークの安定運用とソリューションの拡充に努め、お客様のブロードバンド・インフラの充実に貢献してまいります。

Exchange Server 2003について

Exchange Server 2003は、Windows Server System の一部として、Windows Server 2003 に対応した最も信頼性が高く、かつ、セキュアなメッセージングベース コラボレーション サーバー製品。2003年8月より販売開始。詳細は、http://service.softbankbb.co.jp/をご覧下さい。

  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。