プレスリリース(旧ソフトバンクBB) 2005年

IP電話サービス『BBフォン(050番号)』、相互接続先を拡大

2005年5月31日

ソフトバンクBB株式会社(本社:東京都港区、代表:孫 正義、以下ソフトバンクBB)は、IP電話サービス『BBフォン』(050番号を利用する個人向け、及び法人向けBBフォン)のネットワークと、他社の050番号を用いたIP電話サービスとの相互接続先を拡大します。本年6月15日より順次、相互接続による発信と着信が可能となります。

『BBフォン』は既に日本テレコムが提供するIP電話(ODN IPフォン他)等との相互接続を開始しておりますが、今回の新たな相互接続により、下記通信事業者の050番号IP電話と3分7.99円(税込 8.3895円)で通話ができるようになり、NTT回線を利用した従来の通話料金と比べ低料金でのご利用が可能となります。詳細は以下のとおりです。

相互接続開始日

本年6月15日より順次対応
(利用可能となる時期はお客様ご利用の接続機器および、地域により異なります

相互接続事業者

KDDI株式会社、日本テレコムIDC株式会社、日本テレコム株式会社、株式会社メディア、東北インテリジェント通信株式会社、中部テレコミュニケーション株式会社、株式会社STNet、九州通信ネットワーク株式会社(順不同)

事業者名 相互接続先
IP電話番号
通話料金
KDDI株式会社 050-3000~3251、2525、5200~5206、5004~5007、6000 日本全国一律
7.99円/3分
(税込8.3895円/3分)
日本テレコムIDC株式会社 050-6100
日本テレコム株式会社(法人サービス 050-2000、2015~2019、2032
株式会社メディア 050-8880~8886
東北インテリジェント通信株式会社 050-7788
中部テレコミュニケーション株式会社 050-7770~7775
株式会社STNet 050-8800~8803
九州通信ネットワーク株式会社 050-6619~6622
  • IP-One IPフォン(一部)、IP-One IPフォンネット、IP-One IPセントレックス

『BBフォン』は、加入者同士の通話料が無料になるなど格安な通話料金でご利用いただける、国内最大規模(454万回線:2005年4月末現在)のIP電話サービスです。本年4月1日より、『BBフォン』は一部の他社IP電話「050番号」と相互接続をいたしましたが、今回新たに相互接続先を拡大することで、『BBフォン』の利便性が更に向上します。

ソフトバンクBBは、革新的なブロードバンド通信インフラやサービスを通じ、人々により豊かなコミュニケーション手段を提供することによって社会に貢献していきたいと考えております。

以上

  • 2005 年6月15日より順次ソフトバンクBBにて開始するモデム、ターミナル・アダプター、または光BBユニットのファームウェア(モデム等接続機器の制御ソフトウェア)を更新することにより実現する機能のため、ご利用可能となる時期はお客様ご利用の接続機器および、地域により異なります。あらかじめご了承ください。

会社概要

社名 ソフトバンクBB株式会社
本社所在地 東京都港区東新橋1丁目9番1号
代表者 代表取締役社長兼CEO 孫 正義
設立日 2000年5月16日
事業内容 「Yahoo! BB」を中核としたブロードバンドにおけるインフラや各種サービスの提供、及び技術開発から営業、販売、サポートまでを一貫して行なう。IT関連の流通事業とサービスを提供し、ブロードバンドやイーコマースの関連事業会社を統括、管理する。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。