プレスリリース(旧ソフトバンクBB) 2005年

ネットワークオペレーションセンター(NOC)における
「BS7799-2:2002」「ISMS認証基準(Ver.2.0)」認証の取得について

2005年7月21日

ソフトバンクBB株式会社(本社:東京都港区、代表:孫 正義、以下、当社)はこのたび、ネットワークオペレーションセンター(以下、NOC)において、情報セキュリティマネジメントシステム(以下、ISMS)に関連する認証を取得いたしました。

認証登録概要

登録組織名 ソフトバンクBB株式会社

■ 情報セキュリティマネジメントシステム

規格(国際) BS7799-2:2002
認証番号 IS95738
登録日 2005年7月12日
審査登録機関 ビーエスアイジャパン株式会社
認定機関 UKAS(英国規格協会)
規格(国内) ISMS認証基準 Ver.2.0
認証番号 IJ 01576
登録日 2005年7月12日
審査登録機関 ビーエスアイジャパン株式会社
認定機関 JIPDEC(日本情報処理開発協会)
認証範囲
(両規格ともに同様)
当社NOCにおけるYahoo! BBをはじめとするソフトバンクBBが 提供する各種ブロードバンドサービスのバックボーンネットワーク監視業務

当社は、ブロードバンドサービス提供事業者として、お客様からの信頼維持と更なるサービス向上のために情報セキュリティの強化に務めており、一時的なセキュリティ技術の導入に慢心することなく、向上的にセキュリティを高めていくシステムが必要であるとの認識に達しております。

NOC における「BS7799-2:2002」「ISMS認証基準(Ver.2.0)」の取得は、本年4月15日に同認証を取得した当社セキュリティオペレーションセンターに続く認証の取得となります。NOCは当社が提供するブロードバンドサービスの監視業務を掌する事業所で、このたびの認証の取得により、安全かつ安定したサービスをご利用いただくためのシステムを適切に運営していることが、第三者機関に証明されたことになります。当社では、今後ともよりレベルの高いセキュリティ体制下での監視体制のもと、お客様に質の高いブロードバンドサービスを提供してまいります。

以上

ご参考

ISMS適合性評価制度(Ver.2.0)

財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)が2002年4月から本格運用を開始した情報セキュリティマネジメントシステムに関する適合性評価制度であり、国際標準である「ISO/IEC17799:2000」をベースとした適合性評価を行うものです。2003年4月21日にBS7799-2:2002 の内容を反映したVer.2.0が策定されています。

BS7799-2:2002

1995年に英国規格協会(BSI)が発行した規格。情報セキュリティマネジメントに関する事実上の国際標準規格であり、情報セキュリティマネジメントの実施基準を定めたPart1と情報セキュリティマネジメントの仕様を定めたPart2との二部構成になっております。Part1はISO番号(ISO/IEC17799)が与えられ、国際標準化されています。Part2は2002年9月に改訂され、プロセスアプローチであるPDCA(Plan -Do-Check-Act)サイクルを明確にすることで、品質管理システム(ISO9001:2000)との親和性がより強調されております。 Part2も現在ISO化を検討されています。

会社概要

社名 ソフトバンクBB株式会社
本社所在地 東京都港区東新橋1丁目9番1号
代表者 代表取締役社長兼CEO 孫 正義
設立日 2000年5月16日
合併日 2003年1月7日
事業内容 「Yahoo! BB」を中核としたブロードバンドにおけるインフラや各種サービスの提供、及び技術開発から営業、販売、サポートまでを一貫して行なう。IT関連の流通事業とサービスを提供し、ブロードバンドやイーコマースの関連事業会社を統括、管理する。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。