プレスリリース(旧ソフトバンクBB) 2007年

ソフトバンク、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコムの4社による、育児支援制度の拡充について

2007年3月27日

ソフトバンク株式会社、および同社の100%子会社であるソフトバンクモバイル株式会社、ソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社の4社(いずれも代表者:孫 正義、所在地:東京都港区)は、次世代の社会を担う子どもを安心して生み、育てられる職場環境づくりを目指し、2007年4月1日より以下のとおり育児支援制度を大幅に拡充させます。

(1) 子どもに対する携帯電話端末の無料配布および基本料金の免除

勤続年数1年以上の正社員の子どもが小学校に就学する際、ソフトバンクモバイルが提供する子ども向け携帯電話「コドモバイル」の端末※1を無料で配布し※2、親の在籍期間中は、その基本料金※3を生涯無料とします。

  • ※1配布機種は、会社側が指定する。
  • ※22007年度は、小学生の子ども全員に配布する。
  • ※3料金プランは、会社側が指定する。

(2) 育児休業・短時間勤務制度の拡充

ソフトバンク、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコムの4社の育児休業・短時間勤務制度等を統合のうえ、以下のとおり拡充させます。

区分 項目 内容
休暇・休業 産前・産後休暇 産前6週間/産後8週間※1
育児休業 子どもの1歳の誕生日の前日まで
(うち5日間有給休暇※2
看護休暇 子どもの小学校就学前まで年間10日間(無給)
(積立年次有給休暇※3使用可)
キッズ休暇※4
(新設)
子どもの小学校卒業時まで年間5日間(無給)
(積立年次有給休暇※3使用可)
短時間勤務 妊娠中短時間勤務※5
(新設)
妊娠判明後から出産前まで最大2時間の短縮
育児短時間勤務※5 子どもの小学校3年生終了時まで
育児時間外・深夜勤務制限 子どもの小学校3年生終了時まで
  • ※1職種が販売の社員は、妊娠判明後すぐに産前休暇を取得可能。
  • ※2育児休業の有給休暇は、配偶者が子どもを養育できる状態でも取得可能。
  • ※3失効した年次有給休暇を一定の事由で使用できる制度。
  • ※4子どもの看護や予防接種・健康診断の同行、入学式等の学校行事に出席する場合等に使用できる休暇。
  • ※5職種が販売の社員は除く。

(3) 出産祝金の増額

正社員を対象に、出産を祝福して、出産祝金を以下のとおり支給します。

勤続年数 1年未満 1年以上
子どもの数 一律 第1子 第2子 第3子 第4子 第5子以降
改定前 勤続年数、子どもの数ごとに3,000円~15,000円
改定後 2万円 5万円 10万円 100万円 300万円 500万円

(4) 倉本聰氏主宰「NPO法人 CCC富良野自然塾」オリジナル・プロデュースの子育て塾開催

脚本家の倉本聰氏が塾長を務める「NPO法人 CCC富良野自然塾」の協力を得て、「親と子の健全な関係づくり」をテーマにしたオリジナルプログラムを開催します。大自然のなかで行われるさまざまなアクティビティを通じて、参加親子のコミュニケーションを促進することを目的としています。参加費・交通費等はすべて会社側が負担し、年に1度、希望者のなかから5組程度を選抜して実施します。

ソフトバンク、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコムの4社では、これらの制度を通じて、すべての社員が仕事と子育てを両立しつつ、その能力を十分に発揮できる職場環境づくりに、今後も積極的に取り組んでまいります。

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。