プレスリリース(旧ソフトバンクBB) 2012年

「World IPv6 Launch」への取り組みについて

2012年6月1日
ソフトバンクBB株式会社

ソフトバンクBB株式会社(以下「ソフトバンクBB」)は、2012年6月6日(水)午前9時(日本時間)より世界規模でIPv6への恒久的な対応を開始する「World IPv6 Launch」について、お客さまが、IPv6でもIPv4でも快適にインターネットがご利用いただけるように、以下のような対応をいたします。また、「Yahoo! BB」をはじめとしたソフトバンクBBが提供するブロードバンドサービスや、グループ企業との連携によるIPv6共同実験を通じてIPv6の早期普及を推進します。

1. 「World IPv6 Launch」とは

「World IPv6 Launch」とは、来る6月6日(水)以降、世界の主要なインターネットサービスプロバイダー、Webサービス事業者、ネットワーク機器メーカーなどが、サービスやプロダクトにおいて恒久的にIPv6を有効にすることでIPv6の普及を促進する取り組みです。IPv4アドレスの全世界的な枯渇を背景に、この「World IPv6 Launch」をきっかけとして世界的なIPv6の促進が見込まれています。その一方で、フォールバック問題に代表される日本固有の課題や、ネットワークインフラ、映像配信ポータルサイト、SNS、ネットショッピングなど、多様なインターネットサービスのIPv6対応についてはさまざまな課題が存在しており、その解決に向けて世界中の事業者が取り組んでいる状況です。

2. 日本におけるIPv6通信の課題

日本においてはNTT東日本/西日本が提供するフレッツ回線を利用した場合、フォールバック問題と呼ばれる通信の遅延や、ウェブサイトの表示が遅くなったり一部が欠けるなどの日本固有の課題が国内外から指摘されています。昨年行われたIPv6トライアルイベント「World IPv6 Day」においてもフォールバックが実際に発生したことから、解決に向けた環境整備が求められています。今回の「World IPv6 Launch」に参加する米国の主要コンテンツ事業者などはこの問題の発生を抑えるために、自社が運営するウェブサイトに対し、日本からのアクセスをIPv4アドレスからのみとし、IPv6アドレスからのアクセスを制限する措置をとることも予定されています。

3. ソフトバンクBBの対応

上記の課題に対してソフトバンクBBでは、以下の対応により、「Yahoo! BB」をはじめとしたブロードバンドサービスをご利用のお客さまが「World IPv6 Launch」以降も参加コンテンツ事業者が運営するサイトへIPv6/IPv4どちらでも快適に通信できるようなインターネット環境を提供します。

(1)AAAA(クワッドエー)レコードを排除するDNSサービスの提供

AAAAレコードを排除するDNSサービスを提供し、フォールバックによる各種問題を回避いたします。これにより、IPv4での安定した通信をご利用いただけます。

(2)IPv6専用DNSサービス(AAAAレコード)の提供

IPv6に対応した新たなDNSサービスを提供することにより、IPv6での安定した通信をご利用いただけます。IPv6専用DNSサーバーのアドレスをお客さまのパソコンなどに設定を追加することで、IPv6アドレスでの通信が可能です。設定方法の詳細につきましては、提供開始日以降にサポートサイトをご確認ください。

(3)対象サービス

  • Yahoo ! BB 光 with フレッツ
  • Yahoo ! BB 光 フレッツコース
  • 当社が提供するIPv4ローミング接続サービス

(4)提供開始

2012年6月5日(火)正午から(予定)

4. ソフトバンクグループにおけるIPv6対応の取り組み

ソフトバンクグループは、インターネットサービスを利用するすべてのお客さまを対象にIPv6によるインターネットアクセスを実現する「IPv6 for Everybody!」構想を掲げ、これまでIPv6インターネットサービスの提供や、インターネットサービスプロバイダー、コンテンツサービスプロバイダーとの各種共同実験などを行い、IPv6への移行を推進しています。また、今回の「World IPv6 Launch」に合わせて、6月1日(金)からソフトバンクBBは、BBIX株式会社、ヤフー株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社と、フォールバック問題などに関する共同実験を行います。実験の詳細についてはYahoo! JAPANの特集サイトで公開します。

ソフトバンクグループは、今後もより優良なインターネット環境の提供に努め、インターネットのさらなる発展に貢献していきます。

[注]
  • IPv6/IPv4デュアルスタック環境にあるユーザーがインターネットを利用する際、通常IPv6通信を優先するために起こる遅延事象のこと。タイムアウトやICMPエラーなどにより、IPv6通信での通信に失敗したと判断されたあと、IPv4通信に切り替えて接続が実行されるため、ユーザーがインターネット接続を実行してから接続までに遅延が発生する。ユーザーが「Yahoo! BB 光 with フレッツ」などのNTT東日本/西日本が提供するフレッツサービスを利用したサービスをご利用の場合、ソフトバンクBBからユーザーに対して割り当てるインターネット通信に必要なIPv4アドレスとは別に、NTT東日本/西日本の独自サービスのための、フレッツ網内のみで利用可能なIPv6アドレスをNTT東日本/西日本より割り当てる場合があります。このような環境で、IPv4/IPv6デュアルスタックのウェブサイトへアクセスする場合、IPv6ネットワーク上のサイトへの通信ができなくなる、またはIPv4ネットワークへの切り替えに伴い発生するフォールバックにより通信が遅延する場合があります。
  • Yahoo!は米国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。
  • SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、記載されている会社名、製品名およびサービス名は、各社の登録商標および商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。