プレスリリース 2007年

SoftBank X02HT(HTC製)の概要

1. 主な特長(予定)

Windows Mobile® 6 Standard Edition 日本語版を搭載
OSには、日本で初めて※1Windows Mobile® 6 Standard Edition 日本語版を搭載。前バージョンから、ユーザーインターフェースや操作性の向上、メールをはじめとしたコミュニケーション機能やセキュリティ機能を強化しているほか、Office Mobileの搭載により、PCで作成されたExcelやWordファイルの編集・保存、PowerPoint®プレゼンテーションのチェックが可能です。
[注]
  • ※1 2007年5月22日現在、日本国内で販売されている携帯電話において(当社調べ)。
使いやすさを追求したストレートタイプのスマートフォン
ストレートタイプの本体を厚さ約13.9mmまでコンパクトにして、手のひらのフィット感を追求。スピーディーな入力が可能なQWERTY※1キーボードの採用、ノートパソコンのタッチパッドのように、指でなぞったりタップして使える「JOGGR」機能の搭載と併せて、使いやすさと持ち運びしやすさを追求しました。また、Bluetooth®などを使って自宅や会社のパソコンに簡単に接続できるので、Outlook® Mobileでスケジュールや連絡先を外出先へ気軽に持ち運びできます。
[注]
  • ※1 一般的にパソコン等で広く用いられているキー配列のこと。上から2段目の左から6文字が「QWERTY」であることからQWERTY配列と呼ばれる。
S!メール対応など充実したメール機能
Exchange Serverと連携させることで外出先でも会社のメールの送受信が行えます。POP3やIMAPに対応しているプライベートメールなどであれば、アカウント設定することも可能です。さらにWEBメールやS!メール(MMS)の送受信※1にも対応しているので、外出することが多い人にとって、最適なメール環境を選択することができます。
[注]
  • ※1 S!メールの利用には、「S!ベーシックパック」(月額315円[税込])への申し込みが必要です。ただし、「SoftBank X02HT」では、「Yahoo!ケータイ」は利用できません。

2. 主な仕様(予定)

通信方式国内 HSDPA方式、W-CDMA方式
海外 W-CDMA方式、GSM方式(850/900/1800/1900MHz)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約63×114×13.9mm(閉じた状態、突起部除く)
重さ 約120g
連続通話時間/待受時間W-CDMA網 約170分/約240時間(静止状態、画面オフ時)
GSM網 約180分/約230時間(静止状態、画面オフ時)
ディスプレー 2.4インチQVGA(240×320ドット)TFT液晶(65,536色)
モバイルカメラ(画素数/タイプ)メイン 有効画素数200万画素/CMOS
サブ
外部接続機能 Bluetooth®(Ver.2.0)、miniUSB、microSD™カード(別売)、ワイヤレスLAN(IEEE802.11b/g)
OS Microsoft® Windows Mobile® 6
プリインストールされている主なアプリケーション Internet Explorer® Mobile、Outlook® Mobile、Office Mobile(Word Mobile、Excel Mobile、PowerPoint® Mobile)、Windows Media® Player 10 Mobile、Adobe® Reader® LE、Windows Live
カラーバリエーション ブラック、ホワイト、オレンジ
[注]
  • 電波を正常に受信できる静止状態での平均的な利用時間です。使用環境、利用場所の電波状態、機能の設定状況などにより、ご利用時間が半分以下になることがあります。

3. 発売時期

2007年7月下旬以降

  • *「SoftBank X02HT」は開発中のため、上記仕様は変更される可能性があります。

SoftBank X02HT(HTC製)


ホワイト
  • *S!メール、S!ベーシックパックはソフトバンクモバイル株式会社の登録商標です。
  • *Bluetoothは米国Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。
  • *microSDはSD Card Associationの商標です。
  • *Windows、Outlook、PowerPoint、Excel、Windows Media、Internet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。