プレスリリース 2007年

SoftBank 912T(東芝製)の概要

1. 主な特長(予定)

屋外でも快適に「ワンセグ」を楽しめる「ワイドクリアスクリーン」搭載
携帯・移動体向け地上デジタルテレビ放送サービス「ワンセグ」に対応。メインディスプレーには、液晶本体と筐体パネルを隙間なく接着することで太陽の光などの乱反射をなくし、屋外でも快適にテレビ視聴できる2.8インチ「ワイドクリアスクリーン」を搭載しました。また、メイン液晶画面横には、指でさわることでチャンネル切り替えができる「タッチスイッチ」を搭載。さらに、専用のBluetooth®ステレオヘッドセット(オプション品、別売)を使ってワイヤレスで「ワンセグ」の音声も楽しめるので、街中や電車の中などでもスマートにテレビ視聴できます。
[注]
  • テレビ放送は、利用環境によってノイズが入ったり、受信できない場合があります。また、携帯電話を解約・機種変更後は、テレビを視聴することはできません。
スリムボディーに3.2メガピクセルカメラを搭載
薄さ約16.9mmのスリムボディーに、オートフォーカス対応・広角レンズ採用の有効画素数324万画素モバイルカメラを搭載。被写体の顔の色・明るさ・質感などが美しく見えるよう補正する「美肌カメラ」機能や「手ぶれ軽減」機能など、カメラ撮影を強力にサポートする機能も充実です。
ソフトバンク3Gサービスにもしっかり対応
高速データ通信サービス「3Gハイスピード」※1高速データ通信サービス「3Gハイスピード」※1に対応。下り最大3.6Mbps※2(ベストエフォート方式※3)の高速インターネット通信が可能で、「PCサイトブラウザ」※4を利用したパソコン用サイトの閲覧もスムーズです。また、「S! FeliCa」「S! GPSナビ」などのソフトバンク3Gサービスにもしっかり対応しています。
[注]
  • ※1対応エリアは、全国の政令指定都市および主要都市、首都圏/16号線内、東海/名古屋市および周辺の主要都市、静岡市、関西/京阪神エリアです。その他のエリアでは、自動的にソフトバンク3Gサービスのネットワークに接続します。
  • ※2 ご利用地域によって、最大通信速度は異なります。
  • ※3 ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。
  • ※4 ウェブサイトによっては、正しく表示できない場合があります。また、コンテンツ(着信メロディー、画像、S!アプリなど)はダウンロードできません。

2.主な対応サービス・機能(予定)

  • Yahoo!ケータイ
  • Yahoo! mocoa
  • S!タウン
  • S! FeliCa
  • S!キャスト
  • ライブモニター
  • ホットステータス
  • サークルトーク
  • PCサイトブラウザ
  • TVコール
  • 電子コミック
  • S!アプリ(メガアプリ)
  • 着うたフル®
  • S! GPSナビ
  • アレンジメール
  • マイ絵文字
  • S!アドレスブック
  • 3Gハイスピード
  • 3Gお天気アイコン
  • フィーリングメール
  • デルモジ表示
  • レコメール
  • 画面デコ
  • Bluetooth®
  • 赤外線通信(IrDA)
  • バイリンガル
  • 「くーまんの部屋」
  • 3D待ち受けキャラ「くーまん」

3. 主な仕様(予定)

通信方式 W-CDMA方式  ※日本国内のみ利用可能
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約49×103×16.9mm(折りたたみ時、突起部除く)
重さ 約135g
連続通話時間/待受時間 約150分/約350時間(静止状態、折りたたみ時)※1
「ワンセグ」連続視聴時間 約3.5時間※2
ディスプレー メイン 2.8インチワイドQVGA(240×400ドット)TFT液晶(最大26万色)
サブ 0.8インチ(96×39ドット)有機EL(モノクロ)
モバイルカメラ(画素数/タイプ) 有効画素数324万画素/CMOS(オートフォーカス対応)
外部メモリー/推奨外部メモリー容量 microSD™カード(別売)/最大2GB
カラーバリエーション シルバー(画像参照)、ブラック、ホワイト、ブルー、プラム、シャンパン、グリーン
[注]
  • ※1電波を正常に受信できる静止状態での平均的な利用時間です。使用環境、利用場所の電波状態、機能の設定状況などにより、ご利用時間が半分以下になることがあります。
  • ※2 明るさ設定Normal(明るさ2)、イヤホン使用時(ボリューム12)の値です。

4. 発売時期

2007年8月上旬以降

  • *「SoftBank 912T」は開発中のため、上記仕様は変更される可能性があります。

SoftBank 912T(東芝製)


シルバー
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。