プレスリリース 2008年

SoftBank 830P(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)の概要

1.主な特長

便利な10個のワンタッチ機能を搭載したシンプルデザインケータイ
無駄を省いたシンプルなデザインに、美しいグラデーションカラーを採用。ヒンジ部分にあるボタンを押すとケータイが開く「ワンプッシュオープン™」によって、片手で簡単に操作可能です。また、さまざまな機能をボタンひとつで操作できるワンタッチ機能を搭載。ワンタッチで、撮影した写真を壁紙に設定したり、拡大ルーペ機能を起動できるなど、「ワンプッシュオープン™」を含む計10個のワンタッチ機能によって、簡単でわかりやすい操作性を実現しています。
人間工学に基づき、読みやすさや押しやすさを追求したボタンを採用
ボタンは、押しやすさや読みやすさを徹底的に追求。表示に配慮し、ユニバーサルデザインの「PUDフォント※1」を採用することで、視認性と判読性に優れたボタンを実現しました。また、ボタンの間隔、サイズ、立体感にこだわった大きく押しやすい「快適タッチボタン™」によって、文字入力などさまざまな場面で快適な操作が可能です。
3インチフルワイドQVGA液晶や約2.0メガピクセルオートフォーカス対応カメラなど充実の基本性能
メインディスプレーには3インチフルワイドQVGA液晶を搭載。メールやウェブを大画面で快適にお楽しみいただけます。周囲の人から画面が見えにくくなる機能「ビューブラインド®」を搭載しているので、のぞき見にも配慮しています。また、オートフォーカス対応の約2.0メガピクセルCMOSカメラの搭載や、「世界対応ケータイ」として、海外でもいつもの電話機をそのまま利用できる※2など、充実した基本性能を備えています。
[注]
  • ※1PUDフォントとは「Panasonic Universal Designフォント」の略です。
  • ※2あらかじめ「世界対応ケータイサービス」へのお申し込みが必要です。

2.主な対応サービス・機能

  • ミュージックプレイヤー
  • 赤外線通信(IrDA)
  • シンプルモード
  • PCサイトブラウザ
  • 世界対応ケータイ
  • 3Gハイスピード
  • デコレメール
  • 着うたフル®
  • 電子コミック
  • S!アプリ(メガアプリ)
  • S!速報ニュース
  • TVコール
  • S!おなじみ操作
  • S!電話帳バックアップ
[注]
  • サブカメラを搭載していないため、自分自身を撮影しながら相手と話すことはできません。

3.主な仕様

通信方式 国内 W-CDMA方式
海外 W-CDMA方式、GSM方式(900/1,800/1,900MHz)
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 約49×109×15.4mm(折りたたみ時、突起部除く)/約114g
連続通話時間/
待受時間
W-CDMA網 約180分/約400時間(静止状態、折りたたみ時)※1
GSM網 約180分/約300時間(静止状態、折りたたみ時)※1
ディスプレー メイン 3インチフルワイドQVGA(240×427ドット)
TFT液晶(最大26万色)
サブ 0.77インチ(96×25ドット)有機EL(白1色)
モバイルカメラ (画素数/タイプ) 有効画素数200万画素/
CMOS(オートフォーカス対応)
最大表示文字数
(全角・受信メール表示時)
117文字(9文字×13行)/165文字(11文字×15行:標準サイズ)/456文字(19文字×24行)
最大メール保存件数(受信/送信) 1,000件/500件※2
静止画像保存容量(枚数) 最大約38MB・共有(最大約1,000枚)※2
外部メモリー/推奨容量 microSD™カード(別売)/最大2GB
カラーバリエーション(写真参照) ゴールド、シルバー、ピンク、ブラック
[注]
  • ※1電波を正常に受信できる静止状態での平均的な利用時間です。使用環境や機能の設定状況などにより、ご利用時間が半分以下になることがあります。
  • ※2保存可能数は、保存データのサイズにより変動します。

4.希望小売価格(標準セット)

オープン価格

標準セットには、携帯電話機本体、電池パック、ユーティリティーソフトウェア(CD-ROM(試供品))が含まれます。

[注]
  • 充電器は別売りです。

5.発売日

2008年11月1日(土)より

SoftBank 830P(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)

SoftBank 830P
ゴールド
SoftBank 830P
左から、ゴールド/シルバー/ピンク/ブラック
  • *ワンプッシュオープン、快適タッチボタン、ビューブラインドは、パナソニック株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。