プレスリリース 2011年

九州新幹線のトンネル内における
携帯電話のサービスエリアについて

2011年1月19日
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
KDDI株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社
イー・モバイル株式会社

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山田 隆持)、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 孝司)、ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:孫 正義)およびイー・モバイル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:エリック・ガン)は、2011年3月12日(土)に全線開業する九州新幹線[鉄道事業者:九州旅客鉄道株式会社(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:唐池 恒二)]のトンネル内において、お客さまに携帯電話の通話やデータ通信をご利用いただけるよう、エリア整備を推進し、準備が整いましたのでお知らせします。

1. 九州新幹線トンネル内サービスエリア(全線開業時)

博多駅~新鳥栖駅間の全てのトンネル
梶原トンネル(360m)、那珂川トンネル(1,060m)、筑紫トンネル(12,115m)

2. サービス提供事業者

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ

[注]
  • mova端末はご利用いただけません。

 

KDDI株式会社

[注]
  • 一部ご利用いただけない機種があります。詳しい機種についてはホームページをご参照ください。

 

ソフトバンクモバイル株式会社

イー・モバイル株式会社

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。