プレスリリース 2012年

インモビ ジャパンとモバイル広告ネットワーク事業で提携

2012年1月23日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社(以下「ソフトバンクモバイル」)は、世界規模でモバイル広告ネットワーク事業を展開するInMobi Pte. Ltd.(本社:シンガポール)の100%子会社であるインモビ ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表:天畠 秀隆、以下「インモビ ジャパン」)と、日本国内におけるモバイル広告ネットワーク事業で提携しました。

このたびの提携は、ソフトバンク株式会社がInMobi Pte. Ltd.に出資し※1、モバイル広告分野において両社が協業を進めていく中で実現したものです。今回の提携内容は以下の2つです。

  1. ソフトバンクモバイルは、従来から取り扱っている「ソフトバンクスマートフォンメディアパッケージ」に加えて、新たにインモビ ジャパンのモバイル広告ネットワークも取り扱いを開始します。これにより、広告主にこれまで以上に豊富で良質な媒体へ広告配信できる環境を提供します。なお、販売は株式会社サイバー・コミュニケーションズ※2が行います。
  2. 「ソフトバンクスマートフォンメディアパッケージ」の広告配信システムとインモビ ジャパンの配信システムを連携させていきます。
[注]
  • ※1詳細は、ソフトバンク株式会社が2011年9月15日に発表した報道資料をご覧ください。
  • ※2広告販売に関するお問い合わせは、同社 スマート・マーケティング推進本部 スマートアド推進部(TEL:03-5425-6270)にて受け付けます。

InMobiについて

InMobiは2007年にインドで誕生した、世界最大の独立系モバイル広告ネットワークです。
主にアジア太平洋地域を中心にサービスを展開した後、2010年初期には、アメリカとヨーロッパでもサービスを開始しました。日本においては、日本の成熟したモバイルユーザーと、モバイルに精通した広告主、パブリッシャー、デベロッパーをサポートするため、2010年夏にインモビ ジャパン株式会社が設立され、本格始動しました。
現在InMobiは、世界165以上の国と地域で、4億8,500万人以上のモバイルユーザーに月間約776億インプレッションの配信をしています。また近年では、リッチメディア広告の作成・配信の簡素化技術で業界をリードするスプラウト(Sprout)を買収し、リッチメディア広告の普及促進を加速させています。InMobiのお客様は、スプラウト(Sprout)の技術を活用することにより、従来は複雑で高度な技術を必要とされたHTML5 リッチメディア モバイル広告の作成や配信を、簡単に行うことが可能となります。

  • SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに掲載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。