プレスリリース 2015年

「モバイルシアター」向け料金プランについて~スマートフォンのデータをシェアすれば月額500円で利用可能~

2015年7月31日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、「モバイルシアター」(ZTE製)向けの料金プラン「スマートデバイスプラン」と、スマートフォンで契約しているデータ定額パックのデータ量を本製品と共有できるサービス「スマートデバイスシェア」を、本製品の発売にあわせて提供開始します。「モバイルシアター」は国内初※1となるLTE対応のAndroid™ 搭載モバイルプロジェクターで、本年9月以降にソフトバンク携帯電話取扱店で発売を予定しています。

「スマートデバイスプラン」は、基本料金月額2,000円※2です。「モバイルシアター」を利用するには、「スマートデバイスプラン」の他にデータ定額パック※3、またはスマートフォンで契約しているデータ定額パックのデータ量を共有できる「スマートデバイスシェア」(月額500円)への加入が必要です。「スマートデバイスシェア」に加入した場合、「シェア用基本料割引」※4により「スマートデバイスプラン」の基本料金が無料となり、月額500円で「モバイルシアター」を利用できます。

[注]
  • ※1
    ZTE調べ。
  • ※2
    3年契約時の料金(S!ベーシックパックを含む)です。3年間の契約期間終了後は、2年単位での契約(自動更新)となり、更新月(契約期間満了の翌請求月)以外の解約などには契約解除料(9,500円)がかかります。年間契約を伴わない「スマートデバイスプラン(年契なし)」も月額3,500円(S!ベーシックパックを含む)で提供します。
  • ※3
    データ量は、お客様の用途に合わせて選択することができ、選択したデータ量に応じたデータ定額パックの月額利用料が発生します。データ定額パックに加入した場合、「モバイルシアター購入割引」(月々2,400円(36カ月))が適用されます。
  • ※4
    年間契約を伴わない「スマートデバイスプラン(年契なし)」(月額3,500円(S!ベーシックパックを含む))の場合、「シェア用基本料割引」は適用されません。また、「モバイルシアター購入割引」(月々2,400円(36カ月))も適用されません。
  • 価格は特に断りがない限り税抜きです。
  • 2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社からソフトバンク株式会社へ社名を変更しました。
  • Android は、Google Inc. の登録商標または商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。