プレスリリース 2016年

インターネット接続回線のビジネス利用を促進する
ソフトウエアベースのクラウドネットワークを提供開始~Cradlepoint社のSDN技術を利用し拡張性の高いネットワークを低コストで提供~

2016年7月27日
ソフトバンク株式会社
Cradlepoint, Inc.

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)とソフトウエア定義型・4G LTEソリューションのグローバルリーダーであるCradlepoint, Inc.(所在地:米国アイダホ州、CEO & Chairman:George Mulhern、以下「Cradlepoint」)は提携し、ネットワークの仮想化技術を採用したクラウドベースのWANサービス「ホワイトクラウド OneLayer(ワンレイヤー)on Cradlepoint NetCloud」(以下「OneLayer」)を2016年7月27日から提供開始します。

企業のICT環境は、事業スピードの加速化や業務変革、業務アプリケーションの進化に合わせ、モバイルやクラウド、IoTの活用を意識した再構築が不可欠となっており、さらに人や物がどこからでも常にネットワークへ接続されていることが求められる中、インターネット接続回線をセキュリティーが確保されたビジネスネットワークへ進化させる必要性が高まっています。「OneLayer」はCradlepoint社のSDN/NFV技術を採用し、クラウドベースで提供するオーバーレイ型のプラットフォームサービスです。従来の拠点型ネットワークと異なり「OneLayer」で構築したネットワークでは、どこからでもどのデバイスからでもアクセス制限をかけながらセキュアに、企業リソースやパブリッククラウド上のアプリケーションへの接続を可能にします。

「OneLayer」はインターネット上でセキュリティー機能を付加したネットワーク環境をソフトウエアベースで提供し、デバイスに専用のソフトウエアをインストールするだけでオフィスや外出先からでも、シームレスなLAN環境への接続を実現します。「OneLayer」を利用することで、短期間でセキュアなネットワーク環境を構築できるほか、拠点ごとの機器の設置やネットワーク設計が不要になり、従来のネットワーク運用管理の工数を軽減することができます。また、ポリシー管理はすべてクラウド上の管理コンソールから実施し、従来のようなIPアドレスベースの制限ではなく、メールアドレスなどのユーザーベースで可視化、コントロールを行うことができます。さらにインターネット接続回線など利用回線の選択肢も広がるため、海外オフィスでの利用のほか、M2MやIoT環境にも最適なプラットフォームとなります。
キャリアのIP-VPNなどの閉域サービスをご利用のお客さまは、「OneLayer」と連携したハイブリッドネットワークを構築することで、利用者や用途に応じたポリシー分離を容易にし、柔軟で拡張性の高いICT環境を実現できます。

今回の提携についてCradlepointの最高経営責任者であるジョージ・マルハーンは「私たちはこれまで双方の市場においてイノベーションとリーダーシップを発揮する立場としての歴史を共に歩んでおり、ソフトバンクはキャリアサービスとしてお客さまにSDN/NFV技術の利点を提供するために理想的な協業パートナーだという結論に至りました」と述べています。

ソフトバンクは今後も、モバイルインターネット、クラウドコンピューティングを活用した企業のスピーディーな事業変革や業務改革を支援してまいります。

「ホワイトクラウド OneLayer」の概要

1. 特長

  • (1)
    ハードウエアレスでネットワーク環境の構築が可能
  • (2)
    アクセス可能なクラウドアプリケーションや、企業システム、アプリケーションの制御がユーザーやデバイス単位で可能
  • (3)
    デバイスごとのネットワークコントロールにより許可されていないデバイスからの接続を制限
  • (4)
    ユーザー、デバイス、アプリケーションごとに細かいセキュリティー設定が可能
  • (5)
    リモートユーザーに対してのアクティブディレクトリー連携
  • (6)
    接続しているすべてのデバイスをメールアドレスやホスト名で識別するため、セキュリティーポリシーの管理が容易

2. 提供料金(税抜き)

初期費用 無料
月額費用 400円~/ID
[注]
  • 30日間の無料トライアルを提供します。

3. サービス概要図

サービス概要図

[注]
  • L2エミュレーションした独自のWAN技術を完全なソフトウエアベースで提供

「ホワイトクラウド OneLayer」の詳細およびお客さまからのお問い合わせについてはこちらをご参照ください。

Cradlepoint, Inc.について

Cradlepointは、人、場所、物をつなぐソフトウエア定義型・4G LTEソリューションのグローバルリーダーです。CradlepointのNetCloudプラットフォームは、専用のCPEの代わりに、ソフトウエア定義型ネットワークと無線技術を組み合わせ、仮想化技術を採用したクラウドベースで、安全で俊敏性、信頼性の高い4G LTEを提供するサービスです。世界で15,000社以上の企業、政府機関などの顧客を持ち、お客さまは拠点間通信やリモートアクセスのほか、車両、資産や機械との継続的な接続を維持のためにCradlepointをご利用いただいています。Cradlepointは2006年に設立され、アイダホ州ボイシの本社を拠点にシリコンバレー、カナダ、日本、英国に支社を置く株式非公開企業です。Cradlepointについての詳細はcradlepoint.comをご覧ください。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。