プレスリリース 2017年

中小企業のIoT分野での事業活性化を支援~中小機構、臼田総研と共同で、新事業創出を目指しIoTシステムの構築を推進~

2017年2月17日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下「中小機構」)と臼田総合研究所株式会社(以下「臼田総研」)と連携し、中小企業のIoT分野における事業活性化やIoTシステムの構築への新たな取り組みを共同で推進することについて合意しました。

このたびの連携は、中小機構が運営する中小企業と国内外企業のマッチングサイト「J-GoodTech(ジェグテック)」※1を活用し、ソフトバンクと臼田総研がIoT分野でそれぞれのサービスや技術などで支援協力を行うもので、三者が連携して中小企業のIoT分野への新規参入やIoT活用を後押しすることを目的としています。

具体的には、国内の中小企業4,000社以上が登録する「J-GoodTech」を通じてIoT市場参入やIoT活用による生産効率向上を目指す中小企業に対し、臼田総研が開発、製造する高性能マルチセンサーチップ※2とソフトバンクが構築するIoTソリューションやプラットフォームを組み合わせることで、安心かつセキュアで容易に利用できるIoT環境を提供していきます。

ソフトバンクはこの活動を通じて、優れた技術や製品をもつ中小企業の新たな技術開発や事業の拡大を支援し、国内産業のさらなる発展に貢献します。

[注]
  • ※1
    優れた技術、製品、サービスなどを有する日本の中小企業を、国内大手企業や海外企業につなぐマッチングサイト。ウェブ上での情報発信、情報交換に加え、商談会などの開催や専門家による仲介サポートも実施することで効率的・効果的なマッチングを実現し、新たな取引や技術提携・販売提携などにつなげている。
  • ※2
    ジャイロ(角速度)、加速度、気圧、温度など世界最高水準の17軸センサーを搭載するセンサーチップ
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。