プレスリリース 2017年

企業のIBM Watson導入を支援するソリューション
「Minervae PoCKET」を販売開始

2017年5月30日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、企業のIBM Watson日本語版(以下「IBM Watson」)の導入を支援するソリューション「Minervae PoCKET(ミネルヴァポケット)」(開発:株式会社クレスコ※1、以下「クレスコ」)を、2017年5月30日から販売開始します。

ソフトバンクは、IBM Watsonを活用して企業の業務効率化を支援するパッケージ型のソリューションを、2016年11月より販売しています。パッケージ型のソリューションは、自社開発に比べて低価格かつ迅速に導入できるメリットがあります。各ソリューションは、IBM Watsonのエコシステムパートナー各社がそれぞれの強みを生かして開発しており、顧客からの問い合わせ対応や接客・受付支援など、さまざまな業務目的に対応するラインアップが揃っています。

今回新たに販売を開始する「Minervae PoCKET」は、企業がIBM Watsonを本格導入する前に、概念実証(Proof of Concept、以下「PoC」)を行うことができるソリューションです。PoCとは、新しい概念やアイデアが実現可能か見極めるために、簡易な実証を行うことです。企業は、IBM Watsonの導入を検討するに当たり、本格導入前に自社で簡易なシステム構築および運用を行い、その実効性や運用方法、活用範囲などをあらかじめ検証することができます。

「Minervae PoCKET」は、企業にIBM WatsonのPoC環境を3カ月間提供するほか、IBM Watsonの豊富な知識を持ったクレスコの担当者が、目的に応じたAPIの選定やシステム設計の支援をします。また、企業が学習データの作成をできるよう、実際に画面操作をしながらトレーニング支援を行います。PoC環境で構築したサービスは、ご要望に応じて継続して本番運用することも可能です※2。企業は、「Minervae PoCKET」を通じて、IBM Watson導入のコンサルティングからシステム構築、学習データ作成のサポートをワンストップで受けられるため、導入に係わるさまざまな負担を軽減することできます。

[注]
  • ※1
    クレスコは、「IBM Watsonエコシステムプログラム」のエコシステムパートナーです。
  • ※2
    別途50万円~/月がかかります。

ソリューションの概要

名称 Minervae PoCKET
開発企業 株式会社クレスコ
導入費用

「PoCパック」:350万円~

  • PoC環境の提供(3カ月間)
  • システム設計などの支援および学習データ作成コンサルティング
  • メールによる問い合わせ対応(平日午前10時~午後6時/土日・祝祭日は除く)
[注]
  • 「PoCパック」で構築した環境は、継続して本番運用することも可能です。(50万円~/月)。これには、IBM Watsonの再トレーニングサービス(毎月1回)も含まれています。
  • 学習データの作成代行や個別システム開発は、オプションサービスとなります(別途見積り)。

ソフトバンクは、今後もエコシステムパートナーと協業し、IBM Watsonを活用したソリューションを積極的に展開していきます。

[注]
  • 価格は全て税抜きです。
  • IBM、IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。