プレスリリース 2017年

Google Cloud Platform パートナー認定取得について

2017年6月12日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、Google のクラウドサービスである「Google Cloud Platform™ (以下「GCP™ 」)の導入をサポートする「Google Cloud Platform パートナー」の認定を2017年6月12日に取得しました。今回の認定取得によりソフトバンクはGCP を導入する企業に対し、ソリューションやシステム設計、構築、保守、運用支援など、さまざまなサービスやサポートを提供していきます。

GCP は、Google のサービス基盤を活用した世界最先端のクラウドサービスです。GCP はビッグデータを簡単かつリアルタイムに解析できる「Google BigQuery 」や、メンテナンスフリーのプラットフォーム「Google App Engine™ 」、多機能クラウドストレージ「Google Cloud Storage™ 」など、お客さまの要望や変化にタイムリーに対応する機能を中心に提供します。ソフトバンクはお客さまのデジタルトランスフォーメーションを推進するソリューション展開に向けて、本認定を取得しました。

ソフトバンクはこれまでGoogle のG Suite(旧Google Apps for Business、Google Apps for Work )の販売や新規導入、移行にあたり、専任のセールスマーケティング、テクニカルサポート、導入支援サポートなどの組織を同社と共同で編成し、数多くの企業向けにサービスおよびサポートを提供してきました。また、クラウド分野で多くのビジネス実績を上げた功績から「Google Cloud Global Partner Award for G Suite Customer Success」を受賞するなど、Google のビジネスパートナーとして確固たる関係を構築してきました。

またソフトバンクは、ITの力を駆使した最適な働き方で組織と個人の生産性を最大化することを目標に自ら「働き方改革」に取り組んでいます。G Suite の活用で培った業務効率化のノウハウをベースにGCP の新たなビジネスを創造し、Google との強固な協力体制を通じて企業の「働き方改革」推進を拡大していきます。

さらにソフトバンクのクラウドサービス「ホワイトクラウド」と連携したさまざまなソリューションの展開など、今後も引き続きお客さまの事業拡大に貢献するためにサービスを拡充していきます。

Google Cloud Platform パートナー

  • Google は、Google Inc. の商標または登録商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。