プレスリリース 2017年

5Gに関するデモンストレーションを実施

2017年9月8日
ソフトバンク株式会社
華為技術日本株式会社

ソフトバンク株式会社と華為技術日本株式会社は、5Gエンドツーエンドネットワークが提供する「超高速通信」「超低遅延通信」「エッジコンピューティング」を用いたさまざまなユースケースのデモンストレーションをパートナー企業向けに共同で実施しました。

今回のデモンストレーションにおいては、5Gネットワークが提供する超高速通信を用いた超高精細リアルタイム映像伝送、超低遅延通信でのロボットアームの遠隔制御、エッジコンピューティングを用いたGPUサーバーによる遠隔レンダリングなど、さまざまなユースケースを想定したデモンストレーションを実施しました。その結果、超高精細リアルタイム映像伝送のデモにおいては800Mbpsを超える高速通信を実現し、ロボットアームの遠隔制御のデモにおいてはエンドツーエンドで片道2ms以下の超低遅延通信を実現しました。

ソフトバンクは今後もさまざまな取り組みを通じて、5Gの導入に向けたノウハウを蓄積し、2020年ごろの商用サービス開始を目指します。

[注]
  • モバイルネットワークのエッジ、すなわち基地局の近くにサーバを分散配置することで、伝送遅延を低減して超低遅延通信を実現したり、IoTなどで収集した大量のデータの一次処理を行いネットワークの負荷を軽減すること。

各デモンストレーションについて

1. 超高精細リアルタイム映像伝送

デモルームに設置された超高精細カメラで撮影した風景を、デジタル送受信処理装置でリアルタイムにデータ圧縮し、5Gネットワークの超高速通信を用いて伝送し、伝送した映像を高精細モニターに表示します。今回のデモでは、高精細映像データを5Gネットワーク上で超高速伝送することにより、目の前に見えるお台場の景色を、ほぼリアルタイムで60インチの大型モニターに配信することができました。この技術は、遠隔医療、遠隔授業など、さまざまな業界での活用が期待されています。

超高精細リアルタイム映像伝送

2. イマーシブビデオ

デモルームに設置された180度カメラで撮影した風景を、5Gネットワークの超高速通信を用いて配信します。複数の端末ユーザーがそれぞれ異なった角度から同時に風景を楽しめるよう、4つのレンズを搭載した180度カメラで別方向の映像を撮影し、これらの映像をリアルタイムに合成して広角のパノラマ映像を生成します。このパノラマ映像をデータ圧縮し、5Gネットワークでリアルタイムにスマートフォンやタブレットへ配信することで、臨場感の高いユーザー体験を実現しました。この技術は5Gネットワークとの融合により、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)などでの活用が期待されています。

イマーシブビデオ

3. 超低遅延でのロボットアーム遠隔制御

エアホッケーゲームにおいて、人間とロボットアームが対戦するデモを行いました。ゲームボード上部に設置したカメラが、パックの位置を検知して軌道計算を行い、5Gネットワークを利用して計算結果をリアルタイムにロボットアーム制御サーバーに転送することで、ロボットアームの遠隔操作を行います。今回のデモでは、人間が打ったさまざまな軌道のパックをロボットアームが即座に跳ね返すことができました。この技術は、工場の自動化(ファクトリーオートメーション)などでの活用が期待されています。

超低遅延でのロボットアーム遠隔制御

4. GPUサーバーによる遠隔レンダリング

レンダリングとは、映像や画像をGPU(graphic processor unit)を搭載した計算処理で生成する技術のことで、コンピュータゲームやCAD(computer aided design)における高精細映像の生成に用いられます。レンダリングはGPUなどの計算処理のリソースを大量に消費するため、従来のタブレットやスマートフォンでは、高精細CADや高精細コンピュータゲームなどを実行することができませんでした。そこで、5Gのエッジコンピューティング技術を用いて、5G基地局に近接して設置されたGPUサーバーでレンダリングを行い、生成された映像を5Gネットワークにより超高速・超低遅延通信でタブレットに配信することで、計算処理のリソースの限られたタブレットにおいて超高精細映像を表示するデモを行いました。この技術は、建設現場などにおけるタブレットを用いた設計図データの確認や、スマートフォンでの高精細ゲームアプリなどでの活用が期待されています。

GPUサーバーによる遠隔レンダリング

[注]
  • 「イマーシブビデオ」および「超低遅延でのロボットアーム遠隔制御」はソフトバンクと華為技術日本株式会社との共同構築、「超高精細リアルタイム映像伝送」および「GPUサーバーによる遠隔レンダリング」はソフトバンクの構築によるデモンストレーションです。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。