プレスリリース 2017年

大容量を実現する「MIMO」技術のさらなる進化について~低速化を防ぎ、より快適な通信を実現する4種類の新技術を導入~

2017年9月13日
ソフトバンク株式会社
Wireless City Planning株式会社

ソフトバンク株式会社とWireless City Planning株式会社は、大容量を実現する「MIMO(Multi-Input Multi-Output)」の技術をさらに進化させた新たな技術「Massive MIMO 2.0」「Distributed MIMO」「MultiUser MIMO」「UL MultiUser MIMO」を2017年9月22日より導入します。

ソフトバンクは2016年9月より世界初の商用サービスとして「Massive MIMO」を開始していますが、「Massive MIMO」で培った空間多重技術を応用した新技術により、混雑エリアや時間帯においてもさらに低速化を防ぎ、お客さま一人一人により快適な通信サービスの提供を実現します。

[注]
  • ソフトバンク調べ(2016年9月時点)

ソフトバンクは、今後の5G時代における快適な通信サービスの実現を目指し、「MIMO」技術も含めさまざまな最新技術を導入していきます。

5G Project特設ページ

「Massive MIMO 2.0」概要

1. 「Massive MIMO 2.0」の特長

現在提供している「Massive MIMO」をキャリアアグリゲーションに対応させ、一度に利用できる2.5GHz帯の帯域幅を現在の20MHzから30MHzと1.5倍に拡大しました。また、3.5GHz帯でも「Massive MIMO 2.0」を提供します。これらの対策により、混雑したエリアなどで同時に接続する端末が増えても、低速化を防ぐことができます。

2. 「Massive MIMO 2.0」対象エリア

現在、「Massive MIMO」を提供している全国都市部から順次拡大します。

3. 「Massive MIMO 2.0」イメージ図

「Distributed MIMO」概要

1. 「Distributed MIMO」の特長

複数の基地局をクラウドで管理し、一つの基地局から多数のビームを形成するのではなく隣接する基地局が協調しながら仮想的に一つの基地局として電波を形成し、さらに複数のレイヤーを構築する空間多重を実施します。これにより、各基地局で協調制御された複数の基地局からの電波を利用することができ、電波干渉による低速化を防ぎ、お客さま一人一人に合わせたより快適な通信サービスを提供します。

2. 「Distributed MIMO」対象エリア

全国都市部より拡大予定です。

3. 「Distributed MIMO」イメージ図

「MultiUser MIMO」概要

1. 「MultiUser MIMO」の特長

「Massive MIMO」技術の応用により、従来のAXGPの基地局から最大4本のレイヤーを構築することができるようになります。既存基地局のアップデートのみで実装が可能なので、下り通信時に従来基地局においても、より多くのお客さまが快適な通信サービスをご利用できるようになります。

2. 「MultiUser MIMO」対象エリア

全国都市部より拡大予定です。

3. 「MultiUser MIMO」イメージ図

「UL MultiUser MIMO」概要

1. 「UL MultiUser MIMO(UpLink MultiUser MIMO)」の特長

「MultiUser MIMO」の技術を応用し、上り通信時においても空間多重を実現しました。本年9月に、従来のAXGPの基地局において2本の上りレイヤーを構築し、今後は最大4本の上りレイヤーの構築を実現します。これにより、SNSの投稿や画像アップロードなど上り通信時においても、お客さま一人一人がより快適な通信サービスをご利用できるようになります。

2. 「UL MultiUser MIMO」対象エリア

全国で拡大予定です。

3. 「UL MultiUser MIMO」イメージ図

対象端末

“ソフトバンク”の「SoftBank 4G」および“ワイモバイル”の4G(AXGP)対応端末が対象となります。

“ソフトバンク”の新サービスに関する記者発表会(2017年9月13日)

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。