プレスリリース 2017年

「Massive MIMO」技術を用いて
24レイヤー、28レイヤー化の実証実験に成功~商用ネットワーク環境において、セルスループット950Mbps以上の通信速度を計測~

2017年9月29日
ソフトバンク株式会社
Wireless City Planning株式会社

ソフトバンク株式会社とWireless City Planning株式会社は、現在の商用ネットワーク環境において、大容量を実現する「Massive MIMO」の技術を用いた単一帯域幅での24レイヤー化、28レイヤー化の実証実験に成功しました。2017年8月24日の長崎県の商用ネットワークでは24レイヤーに高度化した基地局により956Mbps、2017年9月13日の東京都の商用ネットワークにおいては28レイヤーに高度化した基地局により971Mbpsのセルスループット(一基地局あたりの通信速度)を計測し、2回とも1Gbpsに近い速度を確認しました。

ソフトバンクは2016年9月より世界初の商用サービスとして「Massive MIMO」を開始しました。また、本年9月からは「MIMO」技術をさらに進化させた「Massive MIMO 2.0」「Distributed MIMO」「MultiUser MIMO」「UL MultiUser MIMO」を提供しています。今後はさらに実証実験を重ね、さらに「MIMO」技術を進化させ通信の大容量化を実現し、お客さま一人一人により快適な通信サービスの提供を推進します。

ソフトバンクは、今後の5G時代における快適な通信サービスの実現を目指し、「MIMO」技術も含めさまざまな最新技術を導入していきます。

[注]
  • ソフトバンク調べ(2016年9月時点)

実証実験の概要

実施時期 2017年8月24日 2017年9月13日
エリア 長崎県 東京都
通信方式 AXGP方式 AXGP方式
周波数帯 2.5GHz帯 2.5GHz帯
帯域幅 20MHz 20MHz
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。