プレスリリース 2018年

ソフトバンクとコージェントラボがRPA×AI分野で業務提携~RPAと、AIを活用したOCRの連携ソリューションを開発~

2018年1月29日
ソフトバンク株式会社
株式会社Cogent Labs

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)と株式会社Cogent Labs(本社:東京都渋谷区、代表取締役:飯沼 純、エリック・ホワイトウェイ、以下「コージェントラボ」)は、2018年1月29日に、RPA(Robotic Process Automation)分野における業務提携契約を締結しましたので、お知らせします。今後両社は、RPAと、AI(人工知能)を活用した手書き文字認識(OCR)技術「Tegaki」を組み合わせたソリューションを共同開発し、提供することを目指していきます。

ソフトバンクは、国内RPA分野のリーディングカンパニーであるRPAホールディングス株式会社と協業し、RPAソリューション「SynchRoid(シンクロイド)」を提供しています。RPAは、企業における定型の事務作業を自動的に処理できる強みがあるため、膨大な書類処理業務の効率化に高いニーズがあります。しかし書類の中には、顧客の契約申込書やアンケート回答、問診票、診断書、テスト答案などのように、手書きの文書も多いため、RPAによる業務自動化に当たっては、まず手書きの文字をデジタルデータ化する必要があります。コージェントラボは、AI技術でデータを処理、学習することにより、これらの手書き文字を高精度で自動認識し、スピーディーにデータ化する技術を持っています。同社の技術を活用した手書き文字の認識率は研究では99.22%に達しており、既存技術では認識することが難しい手書き文字も自動的にデータ化できます。

今後両社は、ソフトバンクの「SynchRoid」に、コージェントラボの高精度なOCR技術「Tegaki」を組み合わせたソリューションを共同開発します。これにより膨大な書類のデータ入力や集計、加工などの作業を、よりスピーディーに自動化することが可能になります。

両社は、製造や販売、金融、医療、サービス、教育など、さまざまな業界において業務を効率化し、お客さまの働き方改革に貢献することを目指していきます。

Cogent Labsについて

コージェントラボは、人工知能を活用して人々の働き方や生活の未来を形作ることに取り組み、実生活の課題を解決する、使いやすくて直感的なソリューションを提供します。時系列データを活用した予測、情報抽出、自然言語と音声処理、強化学習など、多分野にまたがる専門性を活用することで、最新の研究内容を実ビジネスに応用します。詳細はウェブサイトをご参照ください。https://www.cogent.co.jp/

[注]
  • 2018年2月9日追記:「Tegaki」の認識率についての詳細はこちらのページの脚注をご覧ください。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。