プレスリリース 2018年

LGユープラス、エティサラット、KT、テレフォニカ、
PLDTが、キャリア・ブロックチェーン・スタディー・
グループ(CBSG)に参加へ

2018年2月23日
ソフトバンク株式会社
TBCASoft, Inc.
Sprint Corporation
Far EasTone Telecommunications Co., Ltd.

通信事業者のグローバル・ブロックチェーン・コンソーシアムであるCarrier Blockchain Study Group(キャリア・ブロックチェーン・スタディー・グループ、以下「CBSG」)は、韓国のLG Uplus Corp.(以下「LGユープラス」)、アラブ首長国連邦のEtisalat Group(以下「エティサラット」)、韓国のKT Corporation(以下「KT」)、スペインのTelefónica, S.A.(以下「テレフォニカ」)、フィリピンのPLDT Inc.(以下「PLDT」)と、次世代のキャリア間グローバル・ブロックチェーン・プラットフォームおよびエコシステムの構築に向けて、連携していくことに合意※1しましたので、お知らせします。

CBSGは、通信事業者に特化した革新的なブロックチェーン・プラットフォームを共同開発することを目的に、2017年9月、ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)、米国のブロックチェーン技術開発企業であるTBCASoft, Inc.(以下「TBCASoft」)、米国のSprint Corporation、台湾のFar EasTone Telecommunications Co., Ltd.(以下「ファーイーストン」)によって設立されました。CBSGは、参加企業がそのユーザー向けに、ブロックチェーンを活用した安全な清算や決済、個人認証、IoT端末向けアプリケーションなど、さまざまなサービスを将来提供することを目指しています。

CBSGはブロックチェーン・プラットフォームの研究開発を進めており、すでに、キャリア間ブロックチェーン決済プラットフォーム上で、トップアップ※2やウォレットローミング※3、国際送金、IoT決済、ローミング・チャージ決済のデモに成功しています。またCBSGは、技術やビジネス、各国の所轄官庁の法令や規制に関する課題を解決するためのワーキング・グループとしての役割も果たしています。活動の一つとして、ソフトバンクとファーイーストンは、2018年度中に、日本および台湾の旅行者向けの、ウォレットローミングの実証実験を計画しています。また、今回新たに加わったLGユープラス、エティサラット、KTも、CBSGにおける初期のユースケース評価を、TBCASoftの技術を活用した相互接続環境で行うことに合意しました。

全参加企業が連携することで、CBSGは通信業界のブロックチェーンの取り組みをリードする立場になります。新しい参加企業と共に、通信業界におけるブロックチェーンの実装に向けて加速するとともに、通信事業者のネットワークをグローバル規模で拡大していきます。

LGユープラスのヴァイス・プレジデントであるWonseok Choは次のように述べています。「キャリア間のブロックチェーンを構築することで、われわれは、同技術の利点である透明性や安全性、リアルタイムな取引を実現し、差別化したサービスを提供することができます。LGユープラスは、CBSGとの連携を通じて、差別化した顧客価値の提供を追求していきます」

エティサラットのグループ・チーフ・コーポレート・ストラテジー&ガバナンス・オフィサーであるKhalifa Al Shamsiは次のように述べています。「ブロックチェーンは、デジタル・プラットフォームを通じて、コンシューマーサービスに大きな影響と利益をもたらす可能性があるとして、業界や団体を超えて最も有望視される技術の一つです。われわれはCBSGと連携し、キャリア間の次世代グローバル・ブロックチェーン・プラットフォームとエコシステムの可能性を追求することを楽しみにしています。この連携は、われわれが現在取り組む『Driving a digital future to empower societies』という、技術で顧客体験を革新する戦略と一致します。また、ブロックチェーンのエコシステム形成に寄与します」

KTのコンバージェンス・ビジネス部門シニア・ヴァイス・プレジデントであるLee Mihyangは、次のように述べています。「ブロックチェーンは、急速に変化する市場において、KTが、本格的なデジタルサービス・プロバイダーへと進化し、健全な地位を築く一助となります。われわれは、エネルギー、ヘルスケア、海外ローミング事業の分野において、ブロックチェーン活用の優れた機会があると見ています」

[注]
  • ※1
    (日本語版注)今回、当該5社のうち、LGユープラス、エティサラット、KTの3社はCBSG参加に関する最終合意を、テレフォニカおよびPLDTの2社は、CBSGの参加に向けて検討する基本合意を行いました。
  • ※2
    プリペイド携帯電話の口座のチャージ
  • ※3
    ユーザーが、モバイル端末上で、支払い取引ができるデジタル・ウォレットを、事業者間で連携すること。ユーザーは、海外滞在時に、母国で契約する事業者を通じた決済などができる。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。