プレスリリース 2018年

徳島県におけるAI FAQシステムを用いた
「AI活用双方向型民泊導入サポート業務」の開始について

2018年3月1日
株式会社テレコメディア
ソフトバンク株式会社

株式会社テレコメディア(本社:東京都豊島区、代表取締役社長 橋本 力哉)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO 宮内 謙)は連携して徳島県ホームページからアクセスできる民泊に関するお問い合わせおよび申請手続きをサポートするAI搭載民泊申請システムを開発し、採用されましたのでお知らせします。

2018年6月の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行に向けて民泊への期待が拡大するなか、民泊の知識を学びたいという方から民泊申請の意思があるという方までを幅広くサポートできるよう、ユーザビリティーの向上を目的とする仕組みを実現しました。

システムのポイント

ポイント1 【AIを活用したFAQ】

民泊に関して幅広く寄せられるお問い合わせや相談に対し、自然言語処理を活用した双方向の対話型AI FAQシステムにて自動応対します。

ポイント2 【申請手続きを簡素化】

民泊申請の際に生じる複雑な行政手続きを申請者の属性に応じて的確に案内することで民泊導入の促進を図ります。

上記により、民泊に関するお問い合わせや相談に対話型AI FAQシステムで自動対応することができ、また、徳島県での民泊の申請手続きに関しても本システムで対応することができるため、情報をわかりやすく利用者へご案内し複雑な手続きを簡素化することができます。

申請者属性に合わせた行政手続き案内

申請者の属性を判定することで必要な情報に正確にたどり着くことが可能になり、行政手続きの案内までをワンストップで実現します。

自然言語処理を活用したFAQシステム

自然言語処理機能を備えたチャットボットを通じ瞬時に返答を行います。また、1文字入力するとその先の変換候補を提示する「サジェスト機能」、利用者の質問意図を深掘りしていく「聞き返し機能」を実装することで目的の回答に速やかに誘導します。

本システムはソフトバンク株式会社が提供する対話型AI FAQエンジンである「APTWARE(アプトウェア)」を利用し、テレコメディアは導入・運用のコンサルテーション、AI FAQコンテンツのデータ生成、システムデザインを担当しました。
「APTWARE」の詳細はこちらをご覧ください。

AI FAQシステムでは毎日24時間システムが稼働し、さまざまな質問に答えていきます。日々システムが進化して行くため、いち早く導入をすることで利用者がどのような関心を持っているのかという事がナレッジとして蓄積され、さらに充実したAI FAQへと成長していきます。

2017年度中の実施期間

2018年3月1日(木)~3月31日(土)

サイトURL

徳島県HP内専用サイト:「徳島で!民泊はじめてみる?!」

(URL:https://tokushima-minpaku-ai.jp/

画面イメージ

画面イメージ

画面イメージ

画面イメージ

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。