プレスリリース 2018年

トレジャーデータとソフトバンク、
データドリブンなマーケティング事業の拡大に向け協業

2018年5月7日
トレジャーデータ株式会社
ソフトバンク株式会社

トレジャーデータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三橋 秀行、以下「トレジャーデータ」)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は、データドリブンなマーケティング事業の拡大を目的に、トレジャーデータのカスタマーデータプラットフォーム「TREASURE CDP(トレジャーシーディーピー)」※1とソフトバンクの広告配信プラットフォーム「SoftBank Ads Platform(ソフトバンク アド プラットフォーム)」※2の連携を視野に入れた協業に合意しました。

トレジャーデータでは、オンライン広告やマーケティング、CRM(Customer Relationship Management)領域のデータをはじめ、顧客一人一人の行動データや属性データなどを統合するカスタマーデータプラットフォーム「TREASURE CDP」を提供しており、すでに日本国内で300以上の企業が導入しています。また、さまざまな企業が提供するマーケティング関連ツールやサードパーティーデータと「TREASURE CDP」との連携を積極的に進めることで、より多くの企業がパーソナライズを軸としたデジタルトランスフォーメーションを実現できるよう、取り組んでいます。

ソフトバンクは、自社の独自データを活用することで高精度なターゲティングが可能な広告配信プラットフォーム「SoftBank Ads Platform」を展開しています。また、O2Oソリューションをはじめ、インターネット広告の販売や多数のデジタルマーケティングサービスを1,000社以上の企業に提供してきました。

両社は、これまでの実績や事業の強みを生かしながら、データドリブンなマーケティング活動に欠かせない顧客独自のカスタマーデータプラットフォームの構築を推進し、そこに蓄積されたファーストパーティーデータを活用した多様なデジタルマーケティングサービスの提供によって事業拡大を目指します。

今回の協業では、ソフトバンクがトレジャーデータからカスタマーデータプラットフォーム構築に必要なノウハウの提供を受け、2018年5月1日から「TREASURE CDP」の販売を開始します。

さらに、今夏には「TREASURE CDP」と「SoftBank Ads Platform」を連携させることで、顧客のファーストパーティーデータとソフトバンクの独自データを掛け合わせたより精度の高いセグメントに対し、適切なメッセージでより効率的かつ効果の高い広告配信の実現を目指します。

[注]
  • ※1
    TREASURE CDP
    オンライン広告、マーケティングやCRM(Customer Relationship Management)領域のデータはもちろんのこと、顧客一人一人の行動データや属性データなどのデータを統合することで、パーソナライズを軸としたデジタルトランスフォーメーション(ITの浸透が人々の生活をあらゆる面で良い方向に変化させるという概念)を可能とするカスタマーデータプラットフォームです。
  • ※2
    SoftBank Ads Platform
    先進のアドテクノロジーを採用した広告配信プラットフォームで、株式会社マイクロアド、株式会社ジーニーとの提携により、法人向けに提供するサービスです。

トレジャーデータ

2011年12月、米国シリコンバレーに設立された米国トレジャーデータ社は、設立以来企業が扱う大量のデータを、リアルタイムで収集、統合するための仕組みである「データマネージメントソリューション」を提供しています。大容量の購買取引データやWeb閲覧データ、各種のアプリケーションやモバイル端末のログデータ等、様々な非構造化データに対応しており、一定の月額課金で収集・保管・分析および他のマーケティングツールやサービスに連携し、簡単に「カスタマーデータプラットフォーム(CDP)」を構築することが可能です。さらに、センサーデータやマシンデータ等、IoT分野におけるビッグデータへの対応も強化しています。日本では、2012年11月に国内の事業開発および技術開発の拠点としてトレジャーデータ株式会社を設立、また、2015年1月にソウル支社を開設、アジア太平洋市場における本格的な事業展開を開始しています。

URL https://www.treasuredata.co.jp/

ソフトバンク株式会社

ソフトバンクは、移動体通信、固定回線通信およびインターネット接続サービスの提供により情報通信市場において信頼と実績を築いています。また、ICTを通じたライフスタイルの変革を目標に、ソフトバンクグループ内の他の企業とのシナジーを生かして、IoT、ロボット、エネルギーなどの新しいビジネス分野への取り組みを拡大しています。

URL https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。