プレスリリース 2018年

ソフトバンクとカタリナが業務提携~IoTと映像AI技術を組み合わせたソリューションを共同開発~

2018年5月14日
ソフトバンク株式会社
株式会社カタリナ

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)と、AI(人工知能)関連技術を開発する株式会社カタリナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山岸 辰雄、以下「カタリナ」)は、このたびIoTおよび映像AI技術の分野で業務提携契約を締結しましたのでお知らせします。

IoTビジネスでは、各種センサーから取得されるビッグデータと、カメラなどから取得される映像・画像データを組み合わせたディープラーニングの活用により、高度な課題を解決していくニーズが今後ますます増加すると想定されます。

AIを活用した映像解析でユニークな技術を持つカタリナは、マイクロコンピューター上で動作するコンパクトな組み込みディープラーニング技術を開発しており、低コストでAI機能を実装したIoTデバイスの開発を可能にしました。

この技術を使うことにより、例えば観光地では、公共車両に設置したセンサーの情報と、定点カメラの映像データに映る人や車両の情報を組み合わせて、低コストかつ、より精度の高い渋滞状況や観光流動の予測が可能になります。他にも建設現場では、生体センサーから得た作業者の状態と、カメラ映像から得た情報を組み合わせることで、より複合的な情報の把握が可能になります。このようにディープラーニングを活用すると、IoTビジネスに高い付加価値を与えられます。

ソフトバンクとカタリナは、ソフトバンクが提供する通信環境およびIoTプラットフォームと、カタリナが開発するディープラーニング技術を組み合わせて、今後さまざまなAIソリューションを共同検討・開発していきます。

また、ソフトバンクとカタリナは、2018年1月にカタリナが実施した第三者割当増資をソフトバンクが引き受け、資本提携しましたので併せてお知らせします。

以上

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。