プレスリリース 2018年

“ソフトバンク”、スマホとして世界初の
4K HDR動画の撮影が可能な「Xperia XZ2」を
5月31日に発売

2018年5月28日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、“ソフトバンク”の2018年夏商戦向けの新商品として、世界で初めて※14K HDR動画の撮影が可能なスマートフォン「Xperia XZ2」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を、2018年5月31日に発売します。発売に先立ち、現在予約を受け付けています。

1. 主な特長

  • 持ちやすいボディーに、約5.7インチの大画面ディスプレーを搭載

    Xperia™シリーズ初となる、18:9の縦型ディスプレーを採用。また、背面に3Dガラスを採用してアーチ形状にすることで、手になじむ持ちやすいデザインを実現しました。さらに、ワイヤレス充電に対応しており、ワイヤレス充電器に置くだけで充電が可能です。

  • 4K解像度のHDRに対応した映像や、フルHD解像度のスーパースロー映像の撮影が可能

    スマートフォンとして世界で初めて4K HDR動画の撮影に対応したメインカメラを搭載。きめの細かい、高画質で美しい動画撮影が可能です。また、フルHD解像度のスーパースロー映像(960コマ/秒)の撮影が可能なため、肉眼では捉えることが難しい、スポーツなどの一瞬の動きをスローモーションで楽しむことができます。さらに、プリインストールされているアプリ「3Dクリエーター」を利用することで、人の顔などをスキャンして3Dデータとして保存することができます。スキャンはメインカメラとサブカメラのどちらでも可能で、撮影した3Dデータを編集して保存したり、SNSに投稿してシェアしたりすることなどが可能です。

  • ソニー独自の映像・音響技術のほか、「振動体験」により臨場感のある動画視聴が可能に

    進化したソニー独自の技術「X-Reality® for mobile」を搭載することで、SDR動画をHDR動画相当の画質にアップコンバートすることが可能です。また、本体前面のステレオスピーカーとソニーの音響技術を組み合わせることにより、外部のスピーカーなどにつなげなくても、高音質で迫力のある音を楽しめます。さらに、視聴している映像などの音を解析して、コンテンツに合った振動パターンで本体を振動させる「ダイナミックバイブレーションシステム」※2により、映画やミュージックビデオを、臨場感をもって楽しむことができます。

[注]
  • ※1
    2018年5月11日現在、各メーカーからの公式発表に基づく。ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社調べ。
  • ※2
    ダイナミックバイブレーションシステムに対応していないアプリが一部あります。

2. 主な仕様

通信方式 こちらをご覧ください。
最大通信速度(下り/上り)※3 774Mbps※4/37.5Mbps※5
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 約72×153×11.1mm/約198g
連続通話時間/
連続待受時間※6
FDD-LTE網 約2,010分/約620時間
AXGP網 約600時間
W-CDMA網 約1,840分/約650時間
GSM網 約720分/約615時間
フルセグ/ワンセグ ○/○
ディスプレー 約5.7インチ フルHD+(2,160×1,080ドット)
TFT
モバイルカメラ
(画素数/タイプ)
メイン 有効画素数約1,920万画素
サブ 有効画素数約500万画素
防水/防じん IPX5、IPX8/IP6X※7
Bluetooth® Ver.5.0
外部メモリー/推奨容量 microSDXCカード(別売り)/最大400GB
内蔵メモリー ROM 64GB
RAM 4GB
CPU(クロック数/チップ) オクタコア(2.8GHz+1.8GHz)/SDM845
電池容量 3,060mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数) IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)
OS Android™ 8.0
カラーバリエーション リキッドシルバー、リキッドブラック、ディープグリーン
[注]
  • ※3
    ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下または通信できなくなる場合があります。
  • ※4
    2018年夏以降、東名阪の一部から順次提供予定です。ご利用のエリアによって、最大通信速度が異なります。
  • ※5
    UDC(Uplink Data Compression)対応。上りデータ伝送効率化により、ご利用の環境によっては表中に記載の通信速度以上でのデータ伝送が可能となります。
  • ※6
    電波状況や使用環境により変動します。
  • ※7
    防水:IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から約12.5L/分の水を最低3分間注入する条件であらゆる方向から噴流を当てても、電話機としての機能を有することを意味します。IPX8とは、常温で、水道水、かつ静水の水深1.5mのところに電話機を沈め、約30分間放置後に取り出したときに、電話機としての機能を有することを意味します。高温のお湯や冷水につけたり、高温のお湯や冷水をかけたりしないでください。防じん:IP6Xとは、直径75µm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に電話機を8時間入れて攪拌(かくはん)させた後、電話機の内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味します。本商品の防じん性能はIP6X相当の保護度合いを保証するものであり、砂浜の上に直接置くなどの利用方法に対して保証するものではありません。

3. 発売日

2018年5月31日

なお、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社は、7月1日までに「Xperia XZ2」を購入して、専用ページから応募した方の中から抽選で300人に、ソニーストアで利用できる3万円分のクーポンをプレゼントするキャンペーン「SoftBank Xperia XZ2購入者キャンペーン」を実施します。

Xperia XZ2(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)

Xperia XZ2

Xperia XZ2

リキッドシルバー

Xperia XZ2

(左から)リキッドブラック、ディープグリーン

  • Xperiaは、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の登録商標または商標です。
  • Android は、Google LLC の登録商標または商標です。
  • microSDXCは、SD-3C,LLCの商標です。
  • Bluetoothは、米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。
  • Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。