プレスリリース 2018年

青函トンネル内における
携帯電話サービスのエリア整備実施について

2018年6月28日
ソフトバンク株式会社
株式会社NTTドコモ
KDDI株式会社

ソフトバンク株式会社、株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社は、公益社団法人移動通信基盤整備協会を通して、青函トンネル内における携帯電話サービスの提供開始に向けたエリア整備を実施します。これにより、現在は一部(避難所となっている旧海底駅)に限られているサービスエリアが青函トンネル全域に広がり、携帯電話サービスを快適にご利用いただけるようになります。

1. サービス開始予定時期

2019年3月以降順次サービス開始予定

[注]
  • 工事の進捗によってサービス開始時期が遅れる場合があります。

2. サービス開始エリア

青函トンネル全域(全長約54km)

3. サービス提供事業者

ソフトバンク株式会社
株式会社NTTドコモ
KDDI株式会社

[注]
  • “ワイモバイル”の携帯電話もご利用いただけるようになる予定です。

4. 事業概要

トンネルなどの人工的な構築物により電波が遮へいされ、携帯電話などが利用できない地域において、移動通信用中継施設などを設置して携帯電話などを利用できるよう、電波の適正な利用を確保することを目的として実施されている「電波遮へい対策事業」に基づく国の補助金を活用して工事などが行われております。

<参考>北海道旅客鉄道域内の北海道新幹線における開業エリア

<参考>北海道旅客鉄道域内の北海道新幹線における開業エリア

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。