プレスリリース 2018年

IoTビジネスを総合的に支援する
「IoTパートナープログラム」を約140社と開始~さまざまなIoTテクノロジーにおける企業との協業でIoTビジネスの拡大へ~

2018年7月18日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、さまざまなIoTビジネスの領域におけるパートナー企業の技術支援やビジネスマッチングを行うことにより、IoTビジネスを総合的に支援する「IoTパートナープログラム」を、約140社のパートナー企業と開始します。ソフトバンクは、さらに参加希望のパートナー企業を募集することでプログラムの拡大を推進し、ビジネスマッチングの機会を広げて、パートナー企業と共にIoTビジネスの拡大につなげていきます。

今回開始する「IoTパートナープログラム」は、法人のお客さまのニーズに応じて、IoTにおけるデバイス、SI(システムインテグレーション)、アプリケーションの各領域で最も適したパートナー企業をソフトバンクがマッチングし、そこから生まれたIoTソリューションを提供するものです。各パートナー企業は、これまで単独ではサービスやデバイスを提供できなかったお客さまにもリーチすることが可能になり、IoTビジネスの拡大が期待できます。

「IoTパートナープログラム」の詳細

1. デバイスパートナー

デバイスやモジュールを共同開発するプログラムです。ソフトバンクのNB-IoTなどのIoTデバイス向けの通信を活用して、お客さまへ提供します。

2. インテグレーションパートナー

システムインテグレーションを担っていただき、ITコンサルティングとITソリューションを含めた、お客さまが必要とするIoTテクノロジーを構築し、提供します。

3. データマイニングパートナー

IoTデバイスで計測・数値化したデータを解析するアルゴリズムなどで協力していただくプログラムです。解析したデータが、お客さまが求めるものかどうかを見極め、アプリケーション上で可視化していきます。

4. アプリケーションパートナー

アプリケーションを共同開発するプログラムです。各業種・業態に適したアプリケーションソフトウエアと、ソフトバンクのIoTプラットフォームを組み合わせて、お客さまへ提供します。

5. 協業パートナー

各テーマにおけるビジョンを達成するために協業するプログラムです。新しい価値をもたらすIoTソリューションの提供を目指します。

ソフトバンクは、「IoTパートナープログラム」を通してIoTの活用事例を創出し、法人のお客さまのニーズに応えるとともに、今後もIoTの活性化を図り、エコシステムを拡大していきます。

「IoTパートナープログラム」の概要図

「IoTパートナープログラム」の概要図

「IoTパートナープログラム」の詳細および参加企業・団体

「IoTパートナープログラム」の詳細はこちらを、最新の参加企業・団体はこちらをご参照ください。

お問い合わせ

「IoTパートナープログラム」への参加に関するご質問は、こちらからお問い合わせください。
IoTやデータ解析を利用した課題解決のご相談は、こちらからお問い合わせください。

  • プログラム名を「パートナープログラム」から「IoTパートナープログラム」へ修正しました。(2018年7月25日)
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。