プレスリリース 2018年

“ソフトバンク”、HUAWEIのフラッグシップモデルの
スマートフォン「HUAWEI Mate 20 Pro」を発売~ソフトバンクが国内の携帯電話事業者として唯一取り扱い~

2018年11月28日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、“ソフトバンク”の新商品として、カメラメーカー「Leica(ライカ)」の最新のトリプルカメラや最新のAI(人工知能)を搭載した、HUAWEIのフラッグシップモデルのスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 20 Pro」(ファーウェイ製)を、2018年12月中旬以降に発売します。発売に先立ち、12月7日から予約を受け付けます。なお、国内の携帯電話事業者による「HUAWEI Mate 20 Pro」の取り扱いは当社のみです。

なお、“ソフトバンク”で「HUAWEI Mate 20 Pro」を12月31日までに購入し、専用サイトで2019年1月15日までに申し込みをしたお客さまに対して、QUOカード1万円分をプレゼントするキャンペーンを、華為技術日本株式会社が実施します。キャンペーンの詳細は、こちらをご覧ください。

1. 主な特長(予定)

  • Leicaの高性能カメラやファーウェイ独自のAIによって高品質な写真撮影を実現

    メインカメラに、カメラメーカー「Leica(ライカ)」の最新トリプルカメラを搭載。超広角な撮影が可能なほか、光学3倍ズームなどの性能を備えているため、高品質の写真撮影が可能です。また写真撮影時には、ファーウェイ独自のAIが被写体や撮影環境について、あらかじめ設定されているカテゴリーに当てはまるかを認識し、その撮影に最適なモードに自動で切り替わります。これにより、利用者は撮影モードなどを自ら設定することなく、きれいに被写体を撮影できます。そのほか、「自撮り」の撮影時には、AIが被写体の顔を立体的に認識する「3Dポートレート」によって、より自然で美しい写真撮影を実現します。

  • AI対応のチップセット「Kirin 980」を搭載、高い処理能力により快適な使い心地

    AIによる情報処理を行うデュアルNPU(Neural network Processing Unit)を搭載したチップセット「Kirin 980」により、AIを多く使用しながらも高い処理能力を実現します。また、4,200mAhの大容量バッテリーを搭載するほか、AIがよく利用するアプリや利用頻度などを学習することで、バッテリーの残量を効率的に配分して無駄なバッテリー消費を防ぎます。さらに、同梱している40WのACアダプターを使用すれば、30分の充電で約70%のバッテリーを回復することができる「40W HUAWEI SuperCharge」に対応しています。

  • ディスプレー上での指紋認証や3Dの顔認証により、スムーズなロック解除が可能に

    ディスプレー上に、人間工学に基づいて設計された指紋認証センサーを搭載。さらに、サブカメラに搭載したセンサーを活用した3Dの顔認証にも対応。2種類の生体認証機能を備えることで、プライバシーがのぞかれる心配なく利用できます。

2. 主な仕様(予定)

通信方式 こちらをご覧ください。
最大通信速度(下り/上り)※1 400Mbps※2/37.5Mbps
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 約72×158×8.6mm/約189g
連続通話時間/
連続待受時間※3
FDD-LTE網 約2,350分/約496時間(静止状態)
AXGP網 -/約633時間(静止状態)
W-CDMA網 約2,300分/約614時間(静止状態)
GSM網 約2,450分/約597時間(静止状態)
フルセグ/ワンセグ -/-
ディスプレー 約6.4インチ 2K+(3,120×1,440ドット)
有機EL
モバイルカメラ
(画素数/タイプ)
メイン トリプルカメラ
(有効画素数約4,000万画素+約2,000万画素+約800万画素)
サブ 有効画素数約2,400万画素
防水/防じん IPX8/IP6X※4
Bluetooth® Ver.5.0
外部メモリー/推奨容量 NMカード※5/最大256GB
内蔵メモリー ROM 128GB
RAM 6GB
CPU(クロック数/チップ) オクタコア(2.6GHz+1.92GHz+1.8GHz)/Kirin 980
電池容量 4,200mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数) IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
OS Android™ 9
カラーバリエーション ブラック、ミッドナイトブルー
[注]
  • ※1
    ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下または通信できなくなる場合があります。
  • ※2
    東名阪の一部から順次提供中です。ご利用のエリアによって、最大通信速度が異なります。
  • ※3
    電波状況や使用環境により変動します。
  • ※4
    防水:IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに電話機を静かに沈め、約30分間放置後に取り出したときに電話機としての機能を有することを意味します。高温のお湯や冷水につけたり、高温のお湯や冷水をかけたりしないでください。防じん:IP6Xとは、直径75µm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に電話機を8時間入れて攪拌(かくはん)させた後、本商品の内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味します。
  • ※5
    NMカードは、nano SIMと同じ大きさのメモリーカードで、microSDカードとは異なります。

3. 発売時期

2018年12月中旬以降(12月7日予約受け付け開始)

HUAWEI Mate 20 Pro(ファーウェイ製)

HUAWEI Mate 20 Pro

HUAWEI Mate 20 Pro

ブラック

HUAWEI Mate 20 Pro

ミッドナイトブルー

  • Android は、Google LLC の登録商標または商標です。
  • Bluetoothは、米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。
  • Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • 「HUAWEI Mate 20 Pro」は開発中のため、上記仕様は変わる可能性があります。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。