プレスリリース 2018年

5Gコネクテッドカーの検証環境を世界で初めて構築し、
商用化に向けた検証を開始~3GPP規格に準拠したノキア製の通信機器を使用~

2018年12月3日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、第5世代移動通信システム(以下「5G」)を活用するコネクテッドカーの開発向け検証環境を世界で初めて※1構築し、商用化に向けた検証を2018年11月から開始しました。

ソフトバンクは、5Gを活用したさまざまなサービスやソリューションの研究開発に取り組んでいます。自動車を中心としたモビリティーとさまざまなモノが“つながる”ことで、新たな体験や価値を提供するコネクテッドカー領域もその一つです。

このたびソフトバンクは、株式会社本田技術研究所の北海道上川郡のテストコースに実験基地局を設置して、3GPP※2規格に準拠した通信機器を使用して最先端の5Gネットワークを構築しました。今回の検証に当たっては、フィンランドに本社を置くノキア製の通信機器を使用しています。商用環境を想定したノンスタンドアローン標準仕様※3で構成された屋外5Gネットワーク環境の構築は、日本初※1となります。

今回構築した5Gネットワーク環境においては、高精細な4K映像を伝送することが可能です。今後、車両に搭載した実験用端末に映像を伝送する検証に取り組んでいきます。

なお、今回の検証は、2017年11月16日付のプレスリリース「ソフトバンクとHondaが第5世代移動通信システムを活用したコネクテッドカー技術の共同研究を開始」の一環として実施するものです。

世界初の5Gコネクテッドカー検証環境(5Gノンスタンドアローン構成)

[注]
  • ※1
    2018年12月3日現在(ソフトバンク調べ)
  • ※2
    移動通信システムの規格策定を行う標準化団体。
  • ※3
    LTEとの連携によって5Gの性能や機能をいち早く実現できるようにする仕様。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。