プレスリリース 2019年

LIXILとソフトバンク、スマートビルにおける
新しい顧客価値、サービス、新規事業の創出を目指し、
パブリックトイレのデータ活用に関する
共同実証実験をスタート~イベントなどで不特定多数の人が来場する「福岡 ヤフオク!ドーム」で実施~

2019年1月30日
株式会社LIXIL
ソフトバンク株式会社

株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 COO:大坪 一彦、以下「LIXIL」)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は、スマートビルにおける新しい顧客価値、サービス、新規事業の創出を目指し、「福岡 ヤフオク!ドーム」(福岡市中央区)で、IoT技術を用いたパブリックトイレのデータ活用に関する実証実験を、2019年2月1日(金)から2020年1月31日(金)まで実施します。

共同実証実験場所の「福岡 ヤフオク!ドーム」とトイレイメージ

共同実証実験場所の「福岡 ヤフオク!ドーム」とトイレイメージ

LIXILでは、2年前から自社のオフィスビル(東京都江東区)のトイレにさまざまなセンサー機器を設置し、パブリックトイレIoTにおける技術開発と運用のノウハウを構築してきました。本実証実験では、LIXILがこれまで開発してきたパブリックトイレのIoT技術を活用し、ソフトバンクが保有する人の流れに関するデータ(人流データ)と、基幹設備や各種センサーデータなどを組み合わせて分析を行うことで、パブリックトイレにおけるデータ活用を検討し、新しい顧客価値、サービス、新規事業の創出を目指します。

例えば、施設に設置された大便器・小便器・電気温水器・自動水石けん器などの機器の稼働データや、トイレットペーパーや水石けんなどの消耗品の残量データ、施設内の人流データを組み合わせることで、「効果的な清掃方法についての施策立案」「故障検知・予測による水回り機器の最適な保守」「施設リニューアル時の最適な器具数算定や配置」など、パブリックトイレのライフサイクルマネジメントを向上させることを目指します。また、試合やイベントによるトイレ混雑の解決策など、データを利用することで利用者の利便性を高めるさまざまな方法について検討します。

LIXILとソフトバンクは、本実証実験を通して、誰もが使いやすいパブリックトイレを追求し、より豊かで快適な暮らし、すべての人にやさしい空間づくりを目指していきます。

共同実証実験 概要

主催 株式会社LIXIL、ソフトバンク株式会社
協力 福岡ソフトバンクホークス株式会社
目的 パブリックトイレにおけるデータを活用した新しい顧客価値、サービス、新規事業創出の研究
実証期間 2019年2月1日(金)~2020年1月31日(金)(予定)
実験場所 「福岡 ヤフオク!ドーム」(住所:福岡市中央区地行浜2-2-2)
実験内容
  • 大便器の稼働データ、具体的には水位の情報やバルブの状態、便座温度設定などの各種設定情報を収集。
  • 統計的な処理により、携帯電話の基地局との接続情報などのデータを十分に匿名化した人流データとして活用、また基幹設備や各種センサーからデータを収集。
  • 上記のデータを組み合わせて新たな活用方法を検討するとともに、サービスアプリケーションや機器の制御、AI(人工知能)により、新たな顧客価値創出のための実証実験を実施。
  • スマートビルディング分野におけるサービス、新規事業を検討。
実験するトイレ数 36

共同実証実験イメージ

共同実証実験イメージ

法人のお客さまからの問い合わせ窓口

URL https://tm.softbank.jp/form/contact/alliance/index.php
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。