プレスリリース 2019年

全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップへ
蓄電池を配備して災害時の充電サービスに対応

2019年1月31日
ソフトバンク株式会社
株式会社ウィルコム沖縄

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)および株式会社ウィルコム沖縄(以下「ウィルコム沖縄」)は、携帯電話サービスの災害対策の一環として、全国のソフトバンクショップおよびワイモバイルショップへの災害対応蓄電池の配備と、全国の事業所などへの「避難所支援キット」などの配備を、2019年3月末までに行います。

ソフトバンクとウィルコム沖縄は、2018年9月に起こった北海道胆振東部地震で広域停電が発生したことなどから、停電時でも充電サービスを提供できるように、スマートフォンなどを同時に複数台充電できる蓄電池を全国のショップ※1に配備し、災害時のお客さまの通信確保への対策強化を図ります。

また、避難所が開設された時に需要が多い、充電サービスや無料電話サービスなどを提供するための機器をセットにした「避難所支援キット」を各都道府県の事業所などに配備し、速やかに被災地の支援態勢を取れるよう、災害対策の取り組みを強化していきます。

配備場所 配備内容
ソフトバンクショップおよびワイモバイルショップ※1
  • 蓄電池
全国の事業所など
  • 避難所支援キット
    充電セット(携帯電話、スマートフォン用)
    電話機※2
    Wi-Fiスポット(00000JAPAN)など
[注]
  • ※1
    一部の商業施設内および家電量販店内の店舗を除く。
  • ※2
    3G回線を利用した固定型電話機。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。