プレスリリース 2019年

神奈川県とソフトバンク株式会社がSociety5.0の実現
に向けて「連携と協力に関する包括協定」を締結

2019年2月4日
神奈川県
ソフトバンク株式会社

神奈川県とソフトバンク株式会社は、IoTや人工知能(AI)、ロボット、シェアリングエコノミー等第4次産業革命の社会実装によって、人口減少・超高齢化などさまざまな社会課題を解決する「Society5.0」の実現に向けて連携と協力を図るため、本日「連携と協力に関する包括協定」を締結しましたのでお知らせします。

Society5.0に向けた取組を、SDGs(持続可能な開発目標)が目指す「持続可能な社会」につなげていきます。

1. 主な連携項目

  • (1)
    次世代モビリティサービスに向けた「MaaS」(Mobility as a Service)の推進
  • (2)
    県内産業の活性化に向けたオープンイノベーション等の推進
  • (3)
    人生100歳時代に向けたICTリテラシーの向上
  • (4)
    その他両者の協議による事項

2. 今後進める具体的な連携事業

  • (1)
    次世代モビリティサービスに向けた「MaaS」(Mobility as a Service)の推進
    • 市町村や交通事業者等と連携し、MaaSの推進に向けた各種関連データの連携・利活用など実証事業の展開
  • (2)
    県内産業の活性化に向けたオープンイノベーション等の推進
    • ソフトバンク株式会社の出資先であるWeWork Japan合同会社のオフィス拠点を活用して、ベンチャー企業と大企業とのコラボレーションによるオープンイノベーションの推進や企業誘致等
  • (3)
    人生100歳時代におけるICTリテラシーの向上
    • 小学生のプログラミング教育支援など次世代人材の育成やシニア向けのICT利活用セミナー等の開催
  • (4)
    その他両者の協議による事項
    • Soceity5.0の実現に向けた具体的な取組を両者で検討
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。