プレスリリース 2019年

法人向け次世代サービスの共創を推進する
ソフトバンク法人パートナープログラム「ONE SHIP」を開始

2019年2月14日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、AI(人工知能)やロボット、クラウド、セキュリティー、IoT、RPAなど、法人向け次世代サービスの開発や提供、普及を通して、あらゆる産業におけるデジタルトランスフォーメーションを促し、情報革命を推進するために、さまざまなビジネス領域における高い技術・経験を持つ企業と情報革命のプラットフォームを共創する新たなプログラムとして、ソフトバンク法人パートナープログラム「ONE SHIP(ワンシップ)」を2019年2月14日から開始し、パートナーの募集を開始します。

ソフトバンクは、「ONE SHIP」を通して、法人のお客さまのあらゆるニーズに応えるとともに、次世代サービス普及のためのエコシステムをパートナー各社と共創していきます。

ONE SHIP(ワンシップ)

「ONE SHIP」では、「ソリューションパートナー」として、次世代サービスやソリューションの開発を担う「デベロップメントパートナー」と、最新テクノロジーのコラボレーションの設計・導入を支援する「インテグレーションパートナー」を今回募集します。

また、次世代サービスの普及と創造意欲を持つ販売代理店には「セールスパートナー」として参加いただき、次世代サービスの開発や提供、普及を推進していきます。

「ONE SHIP」の具体的な取り組み

  • 次世代サービス、ソリューションの開発や提供・普及
  • ソフトバンクとパートナーにおける事業戦略の共有
  • パートナー間の交流、マッチングによる新規アイデアの活性化
  • ハッカソン、アイデアソンの企画・開催
  • セミナー、イベントの企画・開催
  • 法人向け戦略商材の販売チャネル最適化とさらなる活性化

「ONE SHIP」のパートナーの種類について

  • 1.
    ソリューションパートナー

    • a.
      デベロップメントパートナー

      法人向け戦略商材を活用して次世代サービスやソリューションを開発し、ソフトバンクへ提供していただくパートナー

    • b.
      インテグレーションパートナー

      法人向け戦略商材に関する技術スキルを習得し、そのシステムインテグレーションを担っていただくパートナー

  • 2.
    セールスパートナー

    ソフトバンクが提供する次世代サービスやソリューションの提案から受注までを積極的に実施していただく販売代理店のパートナー。セールスパートナーはソフトバンクからの招待のみとなります。

「ONE SHIP」への登録・申し込み

  • 加入希望のパートナー企業は、AIやロボット、クラウド、セキュリティー、IoT、RPAいずれかのグループに登録した上で(複数登録可)、いずれかのパートナー区分に加入していただきます(複数加入可)。
  • 参加費は無料です。

「ONE SHIP」の概要

「ONE SHIP」の概要

「ONE SHIP」の概要

お問い合わせ

「ONE SHIP」に関するご質問は、こちらからお問い合わせください。

[注]
  • RPA:「Robotic Process Automation」の略で、「ソフトウエアロボットによる業務自動化」
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。