プレスリリース 2019年

鎌倉市とソフトバンクが包括協定を締結

2019年3月4日
鎌倉市
ソフトバンク株式会社

鎌倉市(市長:松尾 崇)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は、次世代モビリティーサービスに向けた「MaaS」(Mobility as a Service)の推進やスマートシティの実現に向けた検討など、複数の分野にわたる連携と協力に関する包括協定を、2019年3月4日に締結しました。

本協定の締結を契機に、ICT(情報通信技術)を利活用した、官民連携による社会的課題の解決に向けた取り組みを幅広く検討していきます。

1. 締結日

2019年3月4日

2. 本協定の内容

  • (1)
    次世代モビリティーサービスに向けた「MaaS」の推進
  • (2)
    スマートシティの実現に向けた施策の検討
  • (3)
    テレワーク・ライフスタイルの推進
  • (4)
    ICTを活用した教育の振興
  • (5)
    5G活用を見据えたモバイルのエリア整備推進
  • (6)
    その他、本協定の目的達成に必要な事項
[注]
  • MaaS(Mobility as a Service):ICTを活用して交通をクラウド化し、公共交通か否か、またその運営主体にかかわらず、マイカー以外の全ての交通手段によるモビリティー(移動)を一つのサービスとして捉え、シームレスにつなぐ新たな「移動」の概念。(引用元:国土交通省)
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。