プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2004年

山陽新幹線主要駅等における無線LANサービスの本格展開について

2004年5月31日
西日本旅客鉄道株式会社
西日本電信電話株式会社
NTTコミュニケーションズ株式会社
日本テレコム株式会社

西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)、西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)及び日本テレコム株式会社(以下、日本テレコム)は共同で、山陽新幹線主要駅等10駅の待合スペース等において、無線LANを用いたインターネット接続サービスを2004年6月7日(月曜日)から以下のとおり本格展開致します。
本サービスは、2003年10月から2004年3月までの間、JR西日本、NTT西日本、NTT Comの3社による共同実験で検証して参りました共用型無線LAN方式を採用します(別紙1)。この方式は、1つのアクセスポイントを複数の無線LAN サービス事業者が共用するため、公共スペースである駅において、無線LANサービスの効率的な展開が可能となり、また、より多くのお客様に無線LANサー ビスをご利用いただけるものと考えております。

1.サービス実施駅及び開始時期(別紙

  • 新大阪、新神戸・・・2004年6月7日(月曜日)サービス開始
  • 姫路、岡山、福山、広島、新山口、小倉、博多・・・2004年7月サービス開始予定
  • 大阪・・・準備中
  • 利用可能エリアには、ステッカー(別紙)が掲示されています。

2.提供サービス

  • NTT西日本の無線LANサービス「フレッツ・スポット」
  • NTT Comの無線LANサービス「ホットスポット」
  • 日本テレコムの無線LANサービス「モバイルポイント」
  • ご利用にあたっては、上記いずれかの無線LANサービスにご加入いただく必要があります。

3.その他

  • 共用型無線LAN設備の設置・運用は、西日本電気システム株式会社(JR西日本グループ)、及び株式会社NTTネオメイト(NTT西日本グループ)が行ないます。

詳細につきましては、別紙をご参照ください。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。