プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2004年

日本テレコム 広域イーサネットサービス
「Wide-Ether」サービス品質保証制度(SLA)拡張について

2004年6月30日
日本テレコム株式会社

日本テレコム株式会社(本社:東京都中央区、社長:倉重 英樹)は、広域イーサネットサービス「Wide-Ether(ワイドイーサ)」をご利用のお客様に対して、既に提供中のサービス品質保証制度(以下SLA:Service Level Agreement)に、「ネットワーク稼働率」を追加することになりましたのでお知らせいたします。

これまでSLAにて「網内遅延時間」の保証を提供してまいりましたが、新たに「ネットワーク稼働率」を追加いたします。 今回のSLA拡張により、より信頼性の高い高品質なサービスをご提供してまいります。

日本テレコムは、21世紀のネットワーク社会におけるライフスタイル、ワークスタイル、ビジネスモデルをご提案し、最先端の技術を使い、その実現を推進してまいります。

詳細につきましては、別紙をご参照ください。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。