プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2004年

日本テレコムとソフトバンクBB
個人向けインターネット接続サービスにおける事業提携について
~販売提携と無線LANエリアローミングの実施~

2004年7月7日
日本テレコム株式会社
ソフトバンクBB株式会社

日本テレコム株式会社(本社:東京都中央区、社長:倉重 英樹、以下日本テレコム)および ソフトバンクBB株式会社 (本社:東京都中央区、代表:孫 正義、以下ソフトバンクBB)はこのたび、より良いサービスの提供に向け、両社の個人向けインターネット接続サービス「ODN」・「Yahoo! BB」間における事業提携に基本合意しましたのでお知らせします。

本提携に基づく第一段階の具体策として、以下を実施します。

1.販売提携によるブロードバンド市場開拓の促進

日本テレコムは2004年7月8日より、ソフトバンクBBの販売代理店として「Yahoo! BB」の販売を開始します。両社は、ブロードバンドサービスの更なる普及に向け相互に協力し、日本テレコム「ODN」の既存のダイヤルアップのお客様を対象に、「Yahoo! BB」の販売を展開してまいります。その際「ODN」のお客様が「Yahoo! BB」をご契約いただいた場合でも「ODN」のメールアドレスやオプションサービスを変更なくご利用いただけるよう、両社サービスの利用を条件とした新しいメニューを提供します。

2.公衆無線LAN対応エリアの拡大

両社は今秋をめどに、それぞれの提供する公衆無線LANサービスについて、相互ローミングサービスを開始いたします。
これにより「ODN」のお客様は、ソフトバンクBB提供「Yahoo! BBモバイルゾーン」(636拠点:6月30日現在)での無線LAN利用が可能となり、全国に多数展開するファーストフード店やカフェでのインターネット接続をお楽しみいただけます。 なお日本テレコム提供「モバイルポイント」ご利用ISPへのサービス提供も予定しております。
また「Yahoo! BB」のお客様は、「モバイルポイント」エリア(116拠点:6月30日現在)での無線LAN利用が可能となり、JR東日本の主要駅構内を中心とした全国多数のエリアにてインターネット接続をお楽しみいただけます。

今後、両社は「ODN」の信頼性と「Yahoo! BB」の革新性を併せ持つ新しいサービスの提供を目指し、更なる利便性の向上と利用拡大を積極的に推進してまいります。
また、ソフトバンクBBの全国3300以上の局舎間接続インフラを活用した新たなネットワークサービスの提供に向け、個人市場・法人市場ともに相互に協力してまいります。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。