プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2004年

≪別紙≫
機器性能情報Web表示サービス
「Managed Plus パフォーマンスWeb」提供開始について

1.サービス概要

ManagedPlus パフォーマンスWeb」は、日本テレコムのエンタープライズネットワークオペレーションセンター(ENOC)より監視用回線を経由してお客様ネットワーク機器の性能情報を取得し、Web画面を通じてお客様にリアルタイム情報をご参照いただけるサービスです

2.サービスの特徴

(1)対象機器

当社提供ネットワークに接続されたルータ、ハブ、サーバ等のIP(IPv4)対応かつSNMPv2*1対応機器。

(2)データ取得間隔

ICMPポーリング*2およびSNMPポーリング*3は5分間隔。なお、取得した情報はリアルタイムにWeb画面にて参照可能。

(3)データ保存期間 5分ごとに取得した情報は、42日前までのデータが参照可能。

1時間単位に集計した情報・1日単位に集計した情報は、1年前までのデータが参照可能。

(4)サポート範囲

MIB情報*4によりお客様ネットワーク機器のパフォーマンス情報を取得し、それらの情報を自動集計・表示。(障害発生時のお客様へのご連絡、機器復旧手配等が必要な場合は、別途「ネットワーク監視」へのお申込みが必要となります。)

  • *1SNMPv2:(Simple Network Management Protocol version 2)

    TCP/IPネットワークにおいて、ネットワークに接続された通信機器をネットワーク経由で監視・制御するためのプロトコル

  • *2ICMPポーリング:ICMP(Internet Control Message Protocol

    IPのエラーメッセージや制御メッセージを転送するプロトコル)毎にデータを取得する方式

  • *3SNMPポーリング:SNMP(Simple Network Management Protocol

    TCP/IPネットワークにおいて、ネットワークに接続された通信機器をネットワーク経由で監視・制御するためのプロトコル)毎にデータを取得する方式

  • *4MIB(Management Information Base)

    SNMPで管理されているネットワーク機器が自分の状態を外部に知らせるために公開する情報

3.利用料金

個別のお見積もりとなります。

4.提供開始時期

2004年10月1日

  • Managed Plus」の詳細についてはこちら(http://tm.softbank.jp/business/managedplus/)をご参照ください。

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。