プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2004年

日本初、ITサービス分野の総合マネジメントシステム
BS15000規格認証を取得

2004年12月8日
日本テレコム株式会社

日本テレコム株式会社(本社:東京都中央区、社長:倉重 英樹)は、ITサービスマネジメントシステムのグローバルスタンダードであるBS15000規格について、日本で初めて認証を取得しましたのでお知らせいたします。

日本テレコムでは、従来からCSR(企業の社会的責任)の一環としてお客様情報等を含めて、厳格な情報管理と高度な品質管理を実施してまいりました(下記表ご参照)。今回、情報管理や品質管理に加え、通信事業者としてITサービス/システム全体を包括的に網羅する品質制度保障が不可欠になってきているとの認識の下、BS15000規格取得に向けて取り組んだ結果、このたびの認証取得となりました。

これまでの日本テレコムの取り組み

情報管理【BS7799規格1 品質管理【ISO9001規格2
  • 接続企画本部渉外部 (2003/07/23)
  • ネットワーク本部ENOC (2003/12/02)
  • 情報システム本部 (2004/03/10)
  • ネットワークプラットフォーム本部 (2004/09/24)
  • ネットワーク本部 (2001/09/14)
  • 情報システム本部 (2002/05/31)
  • ビジネスサービス本部 (2001/10/05)
  • 法人お客様センター (2001/10/05)
  • 料金センター (2002/11/01)
  • ( )内は認証日付

これにより、弊社の法人お客様センターにおける顧客情報管理の徹底、顧客対応フロー、災害時対応フローをはじめとする、ITサービスによる業務プロセス全体への高い品質が証明され、同時にその制度保障がされたこととなります。

今後とも日本テレコムは、高度なITマネジメントシステムを維持・確立することによりお客様の信頼に応えると共に、通信事業者としての社会的責任を果たしつつ事業展開を行ってまいります。

認証取得の概要は別紙のとおりです。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。