プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2004年

訴状の受領に関するお知らせ

2004年12月21日
ソフトバンク株式会社
日本テレコム株式会社

ソフトバンク株式会社(以下ソフトバンク)およびソフトバンク全額出資子会社の日本テレコム株式会社(以下日本テレコム)は、2004年12月16日、平成電電株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤 賢治、以下原告)より、2004年11月29日付仮処分命令申立書および同日付訴状を受領いたしましたので、お知らせいたします。

原告は、本年春頃に行われた原告とソフトバンクとの資本提携等の交渉を通じてソフトバンクが原告の営業秘密を取得し、それを日本テレコムに開示したとして、ソフトバンクに対して当該営業秘密の日本テレコムへの開示差し止めを求めています。

また、原告は、日本テレコムがソフトバンク等から取得した原告の営業秘密を同社の直収電話サービス「おとくライン」サービス提供に利用したとして、「おとくライン」サービスの販売差し止めも求めています。

本件に関して、原告の主張する情報の開示や利用事実はございません。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。