プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2005年

日本テレコム法人IP電話サービス
ソフトバンクBBのIP電話サービスとの相互接続開始について

2005年5月31日
日本テレコム株式会社

日本テレコム株式会社(本社:東京都港区、社長:倉重 英樹)は、ソフトバンクBB株式会社(本社:東京都港区、代表:孫 正義、以下 ソフトバンクBB)とのIP電話網の相互接続を実施し、日本テレコムが提供しているIP電話サービスにて通話可能な他社提供IP電話サービスを拡大することになりましたのでお知らせいたします。

1. 接続する当社IP電話サービス

(1)「IP-One IPフォン(一部)」・・・法人向けIP電話サービス
(2)「IP-One IPフォンネット」・・・法人向けIP電話サービス
(3)「IP-One IPセントレックス(IP-One IPフォンII)」・・・法人向けVoIPサービス

2. 新たに接続開始するIP電話事業者

ソフトバンクBB株式会社

3. 通話料金

8.4円/3分

  • 表示料金は、税込表示となります。また、端数切捨てのうえ、ご請求することがありますので、請求額が表示と異なる場合があります。

4. 接続開始時期

2005年6月15日 午前10時

ご参考

今回の相互接続先の拡大により、通話可能となるIP電話事業者は以下のとおりです。

  • ソフトバンクBB株式会社
  • 日本テレコムIDC株式会社
  • KDDI 株式会社
  • 株式会社 STNet
  • 株式会社 ぷららネットワークス
  • 株式会社 エヌ・ティ・ティ エムイー
  • フュージョン・コミュニケーションズ 株式会社
  • エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ 株式会社
  • 九州通信ネットワーク株式会社
  • アットネットホーム株式会社
  • 株式会社メディア
  • 東北インテリジェント通信株式会社
  • 株式会社ケイ・オプティコム
  • 中部テレコミュニケーション株式会社

日本テレコムは、21世紀のネットワーク社会におけるライフスタイル、ワークスタイル、ビジネスモデルをご提案し、最先端の技術を使い、その実現を推進してまいります。

  • IP-One」の詳細については、こちらをご参照ください。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。