プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2005年

≪別紙≫
2GHz帯周波数を利用した
広域ワイヤレス・ブロードバンド・アクセスの
実証実験を開始

1. 実験の狙い

今回の共同実験は、JR仙台駅西側の東北大学・電気通信研究所周辺において、総務省から2005年7月1日に日本テレコムが取得した2GHz帯周波数の実験局免許を用いて広域ワイヤレス・ブロードバンド・アクセスの検証を行うものです。本実験では、フラリオンテクノロジーズ社のフラッシュOFDM方式の無線システムが用いられ、広域でかつ高速なインターネット接続の検証、及びすでに広く普及しているIEEE802.11b/g/a規格の無線LANサービスとのシステム間ローミングなどの検証を行う予定です。

無線LANアクセス(IEEE802.11b/g/a)は、最大54Mbpsと高速ですが、基地局を中心としたカバーエリアが半径約100m程度と狭いスポット型のサービスとなっています。一方、現在多く利用されている携帯電話、PHSなどのデータ通信サービスは、広いサービスエリアを提供していますが実効速度が数百Kbps程度に留まっています。今回の実験に用いる無線アクセスシステムでは、無線LANと同様なPCカード型無線端末局を用いて、ダウンリンク伝送速度が最大で3.2Mbpsと高速通信が可能であり、且つ見通し外での広いサービスエリアをカバーすることができます。また無線区間におけるパケット遅延が50ミリ秒以下と有線による通信に近いレスポンスタイムを提供できます。

東北大学・IT21センターは文部科学省IT21プログラム「次世代モバイルインターネット端末」の研究開発を行っており、次世代無線LAN規格であるIEEE802.11nへの標準化提案を目指して活動しています。昨年11月、5GHz帯周波数を用いた次世代型超高速無線LAN装置の開発(最大伝送速度324Mbps)を発表しています。東北大学としては、無線LANサービス(IEEE802.11b/g/a/n)とIEEE802.20標準化候補の一つである今回の実験ネットワークを組み合わせて、宮城県産業技術総合センターの協力を得ながら、地域防災通信や行政ネットワークサービス等への適用の検証や自動車、鉄道列車などの移動車両などへの高速データ通信サービスへの適用可能性の検証も順次行っていきます。

日本テレコムは、すでに公衆無線LANサービス「モバイルポイント」を駅構内、ホテル内などでサービス展開していますが、例えば駅前周辺などの広いエリアをカバーする場合は、本実験で用いる無線システムの適用が考えられ、無線LANサービス(IEEE802.11b/g/a/n)と相互補完する便利なユビキタスネットワークサービスの提供が将来的には考えられるため、システム間ローミングを中心に検証を行っていきます。

  • (注)「ワイドスポット」と「モバイルポイント」は日本テレコムの登録商標。

フラリオンテクノロジーズ社は、米国ベル研究所から生まれた企業で、ユビキタスネットワークを目指したワイヤレス・ブロードバンド技術のフラッシュOFDMを開発し、IEEE802.20委員会での標準化を目指して活動をしています。既にTモバイル、ボーダフォン、ネクステル社を含む海外大手通信事業者においてトライアルが実施されており、今年6月には北欧フィンランドにて2006年中にフラッシュOFDMによるワイヤレス・ブロードバンド・サービスの開始が決定さています。また先週7月1日にはクロアチアにおける採用も発表され、今後の動向が注目されています。また今年2月には下り最大伝送速度15.9Mbpsを実現する進化版フラッシュOFDMのフレックスバンドを発表しています。フラリオンテクノロジーズ社としては本実験を通してワイヤレス・ブロードバンドの機能及びパフォーマンスを実証し、ユビキタス社会に必要となるアプリケーション及びデバイス等の開発について検証していきたいと考えています。

2. 実験概要

(1)検証事項

i)実験周波数を用いた無線伝搬特性の検証。ブロードバンド無線インターネット接続。ホームページアクセス、ビデオストリーミング、IP電話等の検証。

ii)本無線システムと既存無線LAN(IEEE802.11b/g/a)システム間のローミング検証

(2)実施時期・場所

時期 2005年7月~
場所 東北大学・電気通信研究所周辺(JR仙台駅西側)
(8月初旬に実験の一部を公開予定)

(3)無線方式

実験周波数 下り 2.1GHz帯 上り 1.9GHz帯
アクセス方式 フラッシュOFDM方式
サービスエリア 基地局から半径約1.5km内の見通し外を含むエリア

(4)伝送速度

下り 最大約 3.2Mbps
上り 最大約 900Kbps

(5)本無線システムの特長

IPネットワークへの親和性が非常に高い
PCMCIA型カードのユーザ端末局
低遅延のデータ伝送(50ms以下)
高速ハンドオーバー機能

3. 実験ネットワーク構成

添付資料(PDF形式 381KB)を参照ください。

4. 用語説明

無線LAN:
オフィスや家庭内でパソコン等のコンピュータ機器間を接続する無線通信ネットワーク。周波数帯は2.4GHz帯や5GHz帯が用いられる。現在広く市販されている製品の伝送速度は最大54Mbps。
IEEE:
The Institute of Electrical Electronics and Engineersの略称。エレクトロニクス関係の米国の学会。
IEEE802.11b/g/a/n:
無線LANの標準規格。IEEE802.11b とIEEE802.11gは2.4GHz帯周波数を使用した規格で伝送速度が最大54Mbps。IEEE802.11aは5GHz帯周波数を用いた無線LAN規格で伝送速度は最大54Mbps。IEEE802.11nは次世代の無線LAN規格で現在標準化作業中。実効速度100Mbps超を目標としている。

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。