プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2007年

ソフトバンクテレコム インドのニューデリーに現地法人を設立
~インドへ進出する日本企業のICT環境の構築をサポート~

2007年5月28日
ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義、以下 ソフトバンクテレコム)は、インドのニューデリーにおいて、2007年7月1日に現地法人「JAPAN TELECOM INDIA PRIVATE LIMITED」(仮称)を設立することとなりましたので、お知らせします。

これまでソフトバンクテレコムでは、米国(ニューヨーク)、欧州(英国ロンドン)、シンガポール、中国(上海)に現地法人を設立し、海外へ進出する日系企業のネットワークシステムのサポートを行なってきましたが、今後さらに日本企業の進出が期待されるインドにおいて、ネットワーク構築のコンサルティング、インテグレーション、および保守・運用などへのニーズに対応するため、ニューデリーに現地法人を新設し、ICT環境の構築/運用サポートを強化することにしました。

これにより、ソフトバンクテレコムのULTINA Global Servicesをご利用いただいているお客様には、インド側のネットワーク機器等を含めたインテグレーションサービス等のニーズに、より迅速にお応えできることとなります。

ソフトバンクテレコムは、多国間にわたってビジネスを展開するお客様の様々なネットワークニーズに対応し、提供地域に屋内LAN配線の手配まで含めた最適なICTソリューションを提供できる体制を構築することにより、お客様の満足度向上に努めてまいります。

インド現地法人の概要は以下のとおりです。

社名 JAPAN TELECOM INDIA PRIVATE LIMITED(仮称)
資本金 850万ルピー(約2,500万円)
所在地 ニューデリー(予定)
社長 今沢 正樹
設立日 2007年7月1日(予定)
出資比率 JAPAN TELECOM SINGAPORE 99%、ソフトバンクテレコム 1%
主な事業内容 ソフトバンクテレコム国際通信サービスにかかわる現地サポート業務
LAN構築等システムインテグレーションおよびITコンサルティング等

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。