プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2007年

ソフトバンクテレコム、エンタープライズ向け電子メールセキュリティ対策
「スパムフィルタリング」の提供を開始
~トレンドマイクロの技術を採用した
サーバ専有型アウトソーシングサービス~

2007年10月1日
ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:孫 正義、以下 ソフトバンクテレコム)は、エンタープライズ向けの電子メールセキュリティ対策「スパムフィルタリング」の提供を本日より開始します。これは、トレンドマイクロ株式会社(以下 トレンドマイクロ)のスパムフィルタリング技術を採用し、ソフトバンクテレコムが運用保守を行なうサービスです。サーバ専有型のアウトソーシングサービスであるため、お客様個々のセキュリティポリシやネットワーク規模に応じた柔軟なシステムの構成や設定が可能です。

年々増え続けるスパムメールに対し、多くのシステム管理者は、セキュリティ機器やソフトウェアを導入することで対策を取ってきました。「スパムフィルタリング」では、ソフトバンクテレコムのデータセンター内にお客様ごとの専用ゲートウエイ機器を設置し、その運用保守をソフトバンクテレコムが行ないます。運用保守をアウトソーシングすることで、予期できないインシデントによる「運用負荷の増大」や「宅内ネットワーク帯域の浪費」などから解放されます。

「スパムフィルタリング」では、トレンドマイクロのスパムメール受信の予防から受信後の検出・隔離までを行う「Spam Prevention Solution」を採用しています。ターゲット攻撃の予防、不正なIPアドレスからのメール受信拒否、スパム行動パターンを推論して検知するヒューリスティックとパターンマッチングの組み合わせ等による複合的な技術と、専門性の高いソフトバンクテレコムデータセンターの優れた運用スキルとの相乗効果により、非常に高い検出率を確保します。さらにメールのウイルス対策としてトレンドマイクロ製品を採用した「ウイルスチェックゲートウェイサービス」を組み合せることで、さらに効率的な電子メールのセキュリティ対策が可能となります。

なお本ニュースリリースに対して、下記のエンドースメントをいただいています。

トレンドマイクロ株式会社 エンタープライズ営業本部 本部長 大西基文様

トレンドマイクロ株式会社は、ソフトバンクテレコム株式会社の「スパムフィルタリング」の発表を歓迎いたします。昨今、危険度が高まるWebからの脅威は複雑かつ個別的な攻撃になり、製品の機能や精度に加え、運用面の専門性も求められています。この度、発表された新サービスは、このような脅威に対抗する上で有効なソリューションになると確信しています。当社は、今後もソフトバンクテレコム株式会社との協業を深め、お客様が安心してICTを利活用できる環境の実現に貢献してまいります。

「スパムフィルタリング」の詳細は、別紙の通りです。

ソフトバンクテレコムは、引き続きお客様のビジネス課題の解決に向けて最適なICTソリューションサービスを提供することで、お客様のビジネスのサポートをしてまいります。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。