プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2008年

ソフトバンクグループの通信インフラとパイオニアのカーナビテクノロジーを融合したテレマティクスサービスのシステム開発に合意

2008年3月5日
ソフトバンクテレコム株式会社
パイオニア株式会社
インクリメントP株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社(本社:東京都港区、社長:孫正義、以下ソフトバンクテレコム)、パイオニア株式会社(本社:東京都目黒区、社長:須藤民彦、以下パイオニア)、インクリメントP株式会社(本社:東京都目黒区、社長:森秀一、以下インクリメントP)の3社は、2007年7月9日、共同出資により企画会社「Qプロ株式会社」を設立し、新規開発の通信型カーナビゲーションを使用したテレマティクスサービスを企画・検討してまいりましたが、この度、同社を増資し、2008年夏の本格的なサービス開始に向けてシステムを開発することで合意いたしました。
なお、開発商品と提供サービスの詳細につきましては、後日正式に発表する予定です。

新しいテレマティクスサービスについて

近年、インターネットの普及をはじめ、通信インフラの充実やカーナビゲーションの普及など、テレマティクス市場成長の環境が整ってまいりました。
この様な環境下、新たに提案するサービスは “簡単、便利、かつ楽しいサービス”を提供することで、より一層充実したドライブのサポートを目標としています。
このサービスの実現に向け、ソフトバンクグループの通信インフラ、パイオニアが提供する通信型カーナビゲーション、インクリメントPの地図をはじめとする充実したカーナビゲーション向けコンテンツや通信ナビゲーション運用技術など、各社が有する強みを連携させた新しいテレマティクスサービスを構築する予定です。

以上

「Qプロ株式会社」の概要

1)所在地 東京都港区
2)設立日 2007年7月9日
3)資本金 2.5億円(増資後3.5億円、本年3月末予定)
4)出資比率 (カッコ内は比率 順不同)
ソフトバンクテレコム株式会社(50%)
パイオニア株式会社(40%)
インクリメントP株式会社(10%)
5)役員 代表取締役社長  宮川 潤一 (ソフトバンクテレコム株式会社 取締役専務執行役員)
6)人員 20名

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。