プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2008年

法人向け新FMCサービス「ホワイトオフィス」の提供について

2008年12月15日
ソフトバンクテレコム株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社とソフトバンクテレコム株式会社(いずれも、本社:東京都港区、社長:孫 正義)は、携帯電話を固定電話の内線電話として利用できる法人向けFMC※1サービス「ホワイトオフィス」の提供を、2009年3月末をめどに開始します。

「ホワイトオフィス」は、携帯電話間だけでなく、携帯電話-固定電話間においても内線番号で通話でき、社内はもちろん社外でも携帯電話を内線電話として利用できるサービスです。従来の内線電話と同様に、内線番号表示や保留・転送などの主要機能も携帯電話で利用でき、まさにどこでもオフィス感覚のFMCサービスです。

また、「ホワイトオフィス」は、現在ご利用中の企業内交換機(PBX)※2の設定変更等で利用可能なため、大掛かりな設備投資の追加負担をかけることなく導入できます。内線電話の通話料金も定額にて提供予定で、安心して導入・利用していただけます。「ホワイトオフィス」は、企業内における携帯電話と固定電話の融合による生産性向上や顧客満足度向上と、初期費用ならびに通信コスト削減のすべてを実現します。

ソフトバンクグループでは、今後もグループの総合力を活かして移動体通信と固定通信の融合に積極的に取り組み、先進的で付加価値の高いサービスを提供してまいります。

なお、「ホワイトオフィス」のサービス内容および利用料金等の詳細は、決まり次第別途発表します。

[注]
  • ※1FMC(Fixed Mobile Convergence):移動体通信と固定通信の機能を融合した通信サービス。
  • ※2別途、適合交換機との接続が必要です。

「ホワイトオフィス」サービスイメージ

「ホワイトオフィス」サービスイメージ
  • *SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • *ホワイトオフィスは、ソフトバンクモバイル株式会社の商標です。

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。