プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2009年

日本電子専門学校、ソフトウエア開発学習の教材として「iPhone 3GS」を活用
ケータイ・アプリケーション科の全学生向けに「iPhone 3GS」を配布

2009年10月15日
日本電子専門学校
ソフトバンクテレコム株式会社

日本電子専門学校(東京都新宿区、理事長:多 忠和)は、携帯電話向けアプリケーション開発技術者育成学科である「ケータイ・アプリケーション科」を2010年4月に新設するにあたり、ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義、以下 ソフトバンクモバイル)より発売中の「iPhone™(アイフォーン) 3GS」(アップル社製)を、ソフトバンクテレコム株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義、以下 ソフトバンクテレコム)を通じて導入し、ケータイ・アプリケーション科に入学するすべての学生向けに配布します。

今回新設する「ケータイ・アプリケーション科」は、iPhoneを代表とする革新的なインターフェースと、多種のセンサーを持つスマートフォンの台頭、3.9Gによる高速通信の時代を迎え、スマートフォンがビジネスやホームで急拡大する時期と判断し、スマートフォン上でのアプリケーションを開発できるエンジニアを育成する目的で設置された学科です。同科では、iPhoneの持つ先進機能の活用だけでなく、ネットワークによるアプリケーション配布のビジネスモデルも含め教育していく計画で、多くの実績のあるApp Storeも活用していきます。アプリケーション開発のターゲットマシンとして、ケータイ・アプリケーション科に在学するすべての学生に「iPhone 3GS」を配布し、同科での活用状況を踏まえ、全学的な導入(約3,000名)も視野に入れています。

具体的には「iPhone 3GS」の活用を次のように考えています。

  • 「モバイルシステム技術検定(MCPC)」対策をe-Learningで実施し、単位を認定する。

  • 講義映像をPodcastingで公開。配布資料へもアクセスし、いつでもどこでも学習可能。

  • アプリケーション開発実習のターゲットマシンとして、実習授業で活用。

  • 開発したアプリケーションをApp Storeへアップロードする体験実習。

  • 学生と教員のユニファイド・コミュニケーション・ツールとして使用。

また日本電子専門学校では、「ケータイ・アプリケーション科」への「iPhone 3GS」導入に先立ち、「ゲーム企画科」向けに、本年10月より「iPhone 3GS」を一部導入しました。ゲーム企画科では、「ゲームプレイ評価」科目で、iPhoneの特徴的な各種ゲーム・アプリケーションを学生が実行、iPhoneによるゲームの現状を把握します。同時に、iPhoneの持つ各種インターフェース機能やセンサー機能などを体験的に学びます。その後、iPhoneならではのゲームソフトやゲーム用インターフェースの企画を学生自ら考え、企画書にまとめる授業を実施します。

日本電子専門学校は、ソフトバンクモバイル認定「ソフトバンクソリューションプロバイダー(SSP)」として、学校法人で初めてケータイに関する最新の技術情報を活用した授業を展開し、ゲーム、音楽、動画などのコンテンツ開発技術など、最先端のITスキルが身につく授業を提供していまいります。

また、ソフトバンクテレコムとソフトバンクモバイルは、日本電子専門学校のケータイ・アプリケーションの企画/開発に取り組むエンジニア育成に全面的に協力していくとともに、多種多様なニーズに応えるべく、グループの総合力を活かし、産学連携および先進的で付加価値の高いサービスの提供を推進してまいります。

[注]
  • ソフトバンク携帯電話に対応したコンテンツサービスやモバイルソリューション等を、法人向けに提供される企業さまを幅広くサポートするパートナープログラム。
  • *Apple、Appleのロゴは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • *iPhoneはApple Inc.の商標です。
  • *iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • *iPhone 3Gは単独の通信業者のサービスでのみお使いいただけるよう設定されている場合があります。
  • *SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。