プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2010年

南アで開催される世界最大のサッカーイベントで
高画質映像の伝送サービスを提供
~日本・南ア間(1万4,000km)で初めて
映像圧縮技術「H.264方式」による高画質映像の伝送を実現~

2010年5月24日
ソフトバンクテレコム株式会社
富士通株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義、以下 ソフトバンクテレコム)と、富士通株式会社(本社:東京都港区、執行役員社長:山本 正已、以下 富士通)は、2010年6月11日(金)から南アフリカ共和国で開催される世界最大のサッカーイベントの全64試合のライブ中継を、CS放送向けに提供することになりましたのでお知らせいたします。

近年、世界各国において地上波デジタル放送が開始され、放送業界では高品質で高画質な映像を低コストで伝送するニーズが高まっています。特に回線コストが掛かる長距離の海外伝送では、低ビットレートで高品質な映像伝送が求められています。

今回CS放送向けに提供する映像伝送サービスは、富士通の映像伝送装置「IP-9500」※1の映像圧縮技術「H.264」※2方式によって高圧縮でありながら高い画像品質を確保し、また、日本と南アフリカ共和国間全長1万4,000kmという長距離かつ限られた帯域内において映像の高速伝送を実現することで、回線コストの飛躍的な削減も図りました。

ソフトバンクテレコムでは、これまで2002年、2006年に開催された同様のイベントならびに、2004年に行われたアテネオリンピックなど数多くの世界的なスポーツイベントにおいて映像伝送の実績があり、グローバルネットワークインフラを最大限に活用した映像伝送事業を展開しています。今回は南アフリカ国内で行われる各試合の映像データが一元的に管理されるヨハネスブルグのIBC(International Broadcasting Center)から大西洋とインド洋の2ルートの伝送路を確保することで、瞬間的なエラーや回線断が発生しても、すばやく切り替わる無遮断切替機能を使って長距離の映像伝送を24時間体制で運用します。
また、富士通独自の「H.264」制御アルゴリズム、色情報フォーマット4:2:2※3での伝送により、サッカーという動きの激しいスポーツ素材においても、高品質のまま伝送を行うことができるため、視聴者の皆さまには世界トップレベルのサッカー全試合のライブ中継を臨場感と迫力のある映像で楽しんでいただくことが可能となります。

ソフトバンクテレコムと富士通は、映像伝送のノウハウを結集し視聴者に楽しんでいただけるよう、臨場感と迫力のある映像をお届けしてまいります。

伝送概要図
伝送概要図
映像伝送装置「IP-9500」
映像伝送装置「IP-9500」
関連WEBサイト
ソフトバンクテレコム
富士通

以上

[注]
  • ※1「IP-9500」:2006年11月より販売開始している、高効率映像符号化技術「H.264」を使用したHD画質の映像をリアルタイムに伝送できる装置。IPでの出力の他に、オプションボード搭載によりDVB-ASIでの出力が可能。今回の伝送ではDVB-ASIを使用している。
  • ※2「H.264」:映像符号化方式の一つで、MPEG-2などの従来方式に比べて圧縮効率の高さが特長。ITU-T(国際電気通信連合・電気通信標準化部門)とISO/IEC(国際標準化機構/国際電気標準会議)が共同で策定した、最新の映像圧縮の国際標準規格。従来方式であるMPEG-2などの2倍以上の圧縮効率を実現すると言われており、携帯電話用途などの低ビットレートから、ハイビジョンクラスの高ビットレートに至るまで幅広く利用されることを想定している。
  • ※3「4:2:2」:1本の走査線あたりの輝度信号とそれぞれの色差信号が4対2の割合で記録されるため、色再現性に優れ、複数段のエンコード、デコードに於いても色の劣化を防ぐ効果がある。
  • *記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。