プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2010年

日本電産とソフトバンクテレコムが
IT関連サービスの基本合意書を締結~戦略的なIT投資により、グループ・グローバル化実現を推進~

2010年10月28日
日本電産株式会社
ソフトバンクテレコム株式会社

日本電産株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:永守 重信 以下、日本電産)とソフトバンクテレコム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義 以下、ソフトバンクテレコム)は、日本電産グループ全体を対象とするデータネットワーク・音声ネットワーク・クラウド環境等のIT関連サービス全般のリニューアルについて、ソフトバンクグループが提供するサービスを優先的かつ積極的に利用する旨の基本合意書を締結いたしました。

精密小型モータの世界NO.1メーカーである日本電産は、「回るもの、動くもの」を中心とする「総合駆動技術の世界NO.1メーカー」を目指し、自律成長とM&Aにより、企業規模の拡大を続けております。
そのような中、日本電産はIT中期計画の一環として、グループ全体のITインフラ環境を見直し、コスト削減を含めた戦略的なIT投資を実行する「日本電産グループ IT/インフラリニューアルプロジェクト」(以下、本プロジェクト)を発足させ、本プロジェクトにて、ソフトバンクテレコムが実施した「ICT診断」をもとに全体最適化を実現する提案を採用しました。
今回の締結により、日本電産は、ソフトバンクテレコムのIT関連サービスを利用し、IT/インフラ環境の大幅なライフサイクルコスト削減と、iPhoneの導入などに代表される新たな戦略的IT投資を行い、グループシナジー効果を最大限に発揮したグローバルネットワーク環境の増強を図ります。

日本電産とソフトバンクテレコムは、今後、日本電産グループの戦略的IT投資によるグループ・グローバル化の実現に向けて、下記の項目に取り組んでまいります。

1. データネットワーク基盤

国内・国際データネットワークをソフトバンクテレコムが提供するサービスに変更し、全体最適、コスト削減を実現します。
削減原資を利用して、ネットワーク帯域を増速します。

コンポーネント
「ULTINA IP-VPN」、「ULTINA Wide Ethernet」、「ULTINA Managed Ether」、「ULTINA Global Services」グローバルIP-VPN、「ULTINA Global Services」Global Internet VPN

2. 音声ネットワーク基盤

固定電話・携帯電話・データ通信カードをソフトバンクテレコムが提供するサービスに変更し、コスト削減を実現します。
iPhone/iPadを導入し、更なる生産性の向上を図ります。

コンポーネント
「おとくライン」、「ホワイトオフィス」ほか、ソフトバンクモバイル端末の提供や、グループ各社間の内線環境構築など

3. コミュニケーション基盤

公開Webサーバ、メールサーバ・ファイル共有サーバを集約化のうえソフトバンクテレコムが提供するサービスに変更し、運用管理の合理化・セキュリティ向上等、全体最適のあるべき姿の実現を目指します。

コンポーネント
「ホワイトクラウド」

ソフトバンクテレコムは、最先端のITネットワーク関連サービスと技術を提供することで日本電産の事業拡大へ貢献してまいります。日本電産グループへのこれらのサービス提供は2010年10月以降、順次提供を開始しています。

日本電産は、今回の基本合意を足がかりにソフトバンクテレコムとの包括的パートナーシップを通じて、戦略的にITネットワークを活用し、業務の効率化を推進することで、お客さまへのサービスと満足度の向上に努めてまいります。

以上

  • *Apple、Appleのロゴは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。iPhone、iPadはApple Inc.の商標です。
  • *iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • *iPhone 3GおよびiPhone 3GS、iPhone 4、iPad Wi-Fi+3Gは単独の通信業者のサービスでのみお使いいただけるよう設定されている場合があります。
  • *SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • *その他、記載されている社名、製品名等は、一般に各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。