プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2011年

ソフトバンクテレコム、PSソリューションズとオラクル、
企業向けクラウド事業で協業~「Oracle Exadata」「Oracle Exalogic Elastic Cloud」を活用し、
業務継続に必要な堅牢で安全な情報システム基盤のリソースを「ホワイトクラウド」で提供~

2011年5月18日
ソフトバンクテレコム株式会社
PSソリューションズ株式会社
オラクル・コーポレーション
日本オラクル株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:孫 正義 以下、「ソフトバンクテレコム」)、PSソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:阿多 親市 以下、「PSソリューションズ」)、オラクル・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ラリー・エリソン)、日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 最高経営責任者:遠藤 隆雄 以下、「日本オラクル」)は、このたびクラウド事業で協業し、ソフトバンクテレコムが提供する企業向けクラウドコンピューティングサービス「ホワイトクラウド」において、オラクルの高速データベース・マシン「Oracle Exadata(以下、『Exadata(エクサデータ)』)」とクラウド・マシン「Oracle Exalogic Elastic Cloud(以下、『Exalogic(エクサロジック)』)」で構成され高度なデータ管理技術、システム統合技術をフル活用することで24時間365日安全に稼動する、企業向けIT基盤サービス「ホワイトクラウド エンタープライズ PaaS powered by Oracle」のベータ版サービスを、2011年夏より提供開始します。

「ホワイトクラウド エンタープライズ PaaS powered by Oracle」は、負荷の増減が激しい企業の情報システムを構築する環境基盤を、必要なときに必要なだけクラウド型で提供するサービスです。「ホワイトクラウド エンタープライズ PaaS powered by Oracle」によって、お客さまは投資リスクを抑制しながら、OSやデータベースの管理をすることなく即時に業務継続に必要なIT基盤を利用することができるようになり、省エネルギー対策や事業継続計画(BCP)や、データ保護であるディザスタ・リカバリ(DR)対策などのさまざまな経営課題への素早い対応が可能となるほか、成長戦略を推進するための自社のビジネスに注力することが可能になります。

ソフトバンクグループでは、オラクルの「Exadata」を短時間で高度かつ大量の情報処理を統合して実行するエンジニアド・システム※1として2008年よりグループ内で導入しており、この利用実績からソフトバンクテレコムが提供する企業向けクラウドサービス「ホワイトクラウド」において、お客さまのサービスをさらに拡張できる戦略的な技術基盤として「Exadata」と「Exalogic」を採用しました。今回、ソフトバンクテレコムとPSソリューションズは、世界のデータベースシェア第1位※2のオラクル・コーポレーションおよび、日本オラクルとテクノロジー・パートナーとしての協業体制を組むことで「Exadata」と「Exalogic」のリソースを、世界で初めてクラウド型による時間単位の従量課金で提供することを実現しました。

なお、「ホワイトクラウド エンタープライズ PaaS powered by Oracle」の運用については、PSソリューションズのオラクルスペシャリスト※3のほか、日本オラクルでも専任体制を組織して行います。また、システム管理に「Oracle Enterprise Manager」を採用することで、オラクル製品をお使いのお客さまへプライベート環境と同じ運用管理性を提供し、セキュリティーの確保にはオラクルのデータベース・セキュリティー製品を採用し、データの機密性と保護、法規制遵守などを実現した安全なコンピューティング環境を提供します。今後は、2011年秋ごろに「ホワイトクラウド エンタープライズ PaaS powered by Oracle」の正式なサービス提供を開始する予定です。

オラクル・コーポレーションのプレジデント、マーク・ハードのコメント:
オラクルのプレジデントの、マーク・ハード(Mark Hurd)は、次のように述べています。「『Exadata』と『Exalogic』は、ハードウエアとソフトウエアが一体となるように最適に組み合わせられたエンジニアド・システムであり、オラクルが今まで提供してきた製品の中で最も成功した新製品です。このシステムは世界中のあらゆる業種で採用されています。また、多くのお客さまが自社のPlatform as a Service (PaaS)の基盤として我々のエンジニアド・システムを選択しています。ソフトバンクグループでは、『Exadata』や他のオラクル・テクノロジーの採用を決定し、日本において早期の成功を実現しました。『Oracle Exadata』によって、ソフトバンクグループはデータベースのクエリー性能を8倍まで向上し、運用コストを50%削減しました」
[注]
  • ※1エンジニアド・システム:コンピューターソフトウエアとハードウエアがあらかじめ最適化して組み込まれ、短期間に目的とするシステムの導入をし、安定して運用・保守が行えるもの。
  • ※22010年Database Management Systems売上
    Source, Gartner, “Market Share: All Software Markets, Worldwide, 2010” Colleen Graham et al. 30 March 2011
  • ※3ソフトバンクグループ向けにオラクル製品の導入支援/運用ソリューションなどを展開しており、エンジニア全員が日本オラクル公認資格である「ORACLE MASTER」を取得し、うち10人が最高峰の「ORACLE MASTER Platinum」を保有。(2011年5月現在)

「ホワイトクラウド エンタープライズ PaaS powered by Oracle」の概要について

1. サービスメニュー

Database モデル、Application Server モデル

2. 提供価格

2,980円(税込)/時~

3. 提供開始時期

2011年夏ごろ ベータ版サービス開始、2011年秋ごろ 正式サービス開始

「ホワイトクラウド エンタープライズ PaaS powered by Oracle」で活用するオラクル技術・製品について

  • Oracle Exadata Database Machine
  • Oracle Exadata Storage Software
  • Oracle Database Enterprise Edition
  • Oracle Real Application Clusters
  • Oracle Partitioning
  • Oracle Diagnostics Pack
  • Oracle Tuning Pack
  • Oracle Provisioning and Patch Automation Pack for Database
  • Oracle Database Vault
  • Oracle Audit Vault Server
  • Oracle Audit Vault Collection Agent
  • Oracle Advanced Security
  • Oracle Exalogic Elastic Cloud
  • Oracle Exalogic Elastic Cloud Software
  • Oracle WebLogic Suite
  • WebLogic Management Pack Enterprise Edition
  • OpsCenter Provisioning and Patch Automation

オラクルについて

オラクルは世界で最もcomplete、open、integratedなビジネスソフトウエアとハードウエア・システムの会社です。オラクルに関するより詳しい情報は、http://www.oracle.com/jpをご覧ください。

ソフトバンクテレコムについて

ソフトバンクグループの固定通信事業の中核会社として、情報通信市場において信頼と実績を築いています。ソフトバンクグループ通信3社のシナジーを活かしたお客さま本位の革新的なサービスを提供するほか、クラウドコンピューティングサービス「ホワイトクラウド」で、単なるコスト削減・効率化のためのICTから、高度化するビジネス環境におけるさまざまな経営課題を解決する既存のITの概念にとらわれないサービスの提供で、企業のIT投資やIT資産の最適化を支援しています。

PSソリューションズについて

決済関連サービスにおいてノウハウを培ってきたソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社の100%出資により設立された、ITソリューションプロバイダーです。ソフトバンクグループ内で培った実績を基にさまざまなニーズに対応した新しいサービスを展開しています。また、日本オラクルの「Oracle Partner Network Platinumレベル・パートナー」として、オラクル・パートナーの専門性を公認する世界共通制度「Oracle Partner Network Specialization」において、Exadataをはじめとした6分野の認定を取得しています。PSソリューションズの詳細はhttp://www.pssol.co.jp/をご覧ください。

[注]
  • 2011年5月現在
  • *SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • *PSソリューションズの名称、ロゴは、PSソリューションズ株式会社の登録商標または商標です。
  • *OracleとJavaは、Oracle Corporation およびその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。
  • * 本ニュースリリースの記載内容は、2011年5月現在のものです。上記の内容は予告なく変更する場合がございます。ご了承下さい。

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。